ホーム > コンピュータ > cperl-mode導入とPerlPlusでの補完入力(失敗)

cperl-mode導入とPerlPlusでの補完入力(失敗)

MeadowでPerlスクリプトを編集する際には、メジャーモードとして
perl-modeが利用できるが、どうもcperl-modeの方が良いらしいとの記述を見つけたので、言われる通りにしてみる(^^;)
配布元のここから getしてきたら、さっそく解凍してsite-lispディレクトリにぶちこんだ。
で、書いてある通りに.emacsを編集しておしまい。
次は、PerlPlusを入れる。
配布元のここからgetしてきたら同様に site-lispディレクトリにぶちこんで、lispファイルを多少修正。 perlの置いてある場所が/usr/local/perlだったので、それを追加した。その辺は見れば分かる。
で、やっぱし書いてある通りに.emacsを編集して、いざ補完。
おいおい、M-TAB ってやると ALT-TAB じゃないのか?
というわけで、アプリケーションが切り替わった(笑)。
ESC-TAB ってやってもうまく行かないし、というわけで、C-[ TAB とやってみた。
Meadowには ESC-TAB って表示されてる。
でも、symbol がどうのと言われて、うまくいかない。
どうしようかな…Emacsの基本的知識が無いことが露呈したな(笑)。
というわけで、Perl書く時には別に困ってないので(関数なんてちょっとしか使ってないす)、とりあえずいつかまた。

カテゴリー: コンピュータ タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。