ホーム > コンピュータ > Emacs/W3でWebサーフィン

Emacs/W3でWebサーフィン

長い道のりでした…。悩むこと数時間。
まずは手順です。
基本的にKOSEKIさんのページのお世話になりました。
参照場所は、こちら
僕の場合、./configure して、makeしてってのはうまく行かなかったので、上で説明されている通りに作りました。
で.emacsには次のように追加
;;; Emacs/W3 Configuration
(setq load-path (cons “c:/usr/local/Meadow/site-lisp/w3” load-path))
(condition-case () (require ‘w3-auto “w3-auto”) (error nil))
(setenv “MAILCAPS” “/.mailcap”)
(setq w3-default-homepage “http://localhost/”)
(setq url-personal-mail-address “kazuki@ksakai.net”)
(setq url-automatic-caching t)
(setq url-cache-directory “/temp/.w3/cache/”)
(setq url-standalone-mode t)
(setq url-be-asynchronous t)
そして、M-x w3 としてみたところ、Symbol’s function definition is void: x-list-fonts
っていうエラーがでるんですね(^^;)
どうやら、patchが必要らしく、それもKOSEKIさんのページに書いてあったのですがリンクが切れてるので、こちら参照してください。
ここに説明されている通り、meadow.elを修正してバイトコンパイル。
そしてloadしておくと、ちゃんとW3が動くようになりました。
.emacsで(load “meadow”)ってやらんと駄目みたいです。
ここも

カテゴリー: コンピュータ タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。