アーカイブ

1999 年 6 月 のアーカイブ

HDDが壊れた

/dev/vg01/lvol1 になっていたHDDがぶっ壊れたので、新しいHDDと交換した手順。
/dev/dsk/c1t6d0で、/optにマウントされていた。
まず、どれがぶっ壊れたHDDなのかを物理構成から確認し、それが正しいのか
どうか、論理的にも検証する。

# strings /etc/lvmconf/vg01.conf

とすれば、vg01内のディスクのデバイスファイル名がわかる。
もしくは、
# ioscan -fn

としても詳細情報がわかるので、その情報を利用して

# diskinfo /dev/rdsk/c1t6d0

でさらに得られる情報などを頼りにするか、(このコマンドにレスポンスが無
ければ壊れている)

# dd if=/dev/rdsk/c5t0d0 of=/dev/null

として、LEDがつきっぱなしになる(もしくは完全に壊れていればつかない)こ
とで確認できる。
※ただし、この方法はコマンドの意味がわかっていないので、やっていないが(^^;)

# vgdisplay -v /dev/vg01

とかやっても壊れているんだから無駄だと思う(^^;)
ちゃんと情報出たっけか?

# vgchange -a y /dev/vg01

とやってアクティブにすると、使えたりすることもあったりする(^^;)
とにかくそうやって、/dev/dsk/c1t6d0 が壊れていることを確認した。
その後、物理的にdiskを交換。=
まったく同様に /dev/dsk/c1t6d0 になるようにSCSI IDを6にsetし、もとのHDDと交換。

続きを読む…

カテゴリー: コンピュータ タグ:

BCG接種

検診で行ったツベルクリン反応の結果を調べに再び保健センターに行きました。
全開と違って、来ているコドモの月齢に少々開きがありました。
少しお話をしたお母さんが連れていた男の子は5ヶ月という事でしたが、梨彩の方が一回り大きかった・・・。
さすが、標準より大きいと言うだけのことはありますな。
ツベルクリンの方は、腕に何もでていなかったので、陰性。
つつがなく注射と相成りました。
前回の注射ではあまり泣いてる子供はいませんでしたが、さすがに今回はどの子供も泣いてるみたいでした。
だって、いっぱいハリのついたハンコみたいのを、二回もぐいぐいと押しつけるんですもの・・・。
イッパツ目はケロリとしていた梨彩も、二回目には痛いと気づいたらしく、「うえぇぇぇ・・・・」と泣き出しました。
でも、不思議なことに、すぐに泣き止みました。
まだ、事の次第が飲み込めてはいないようです。
何となく、痛くて泣いてしまったのでしょうね。
まだちいさくて、「注射が痛いもの」と言う認識がないから楽なのでしょう。
もう少し大きくなると、きっと注射するのって大仕事になるのだろうなあと思いました。
だから、こんな赤ちゃんのうちに色々するのだろう、きっと・・・。
梨彩は、相変わらず、検診の時はご機嫌なので助かります。
決して泣いたりしない。外弁慶なやつめ・・・。

カテゴリー: 子ども タグ:

4ヶ月検診

一週間遅れの検診。
しかし、先週は雨だったこともあり、ロビーは赤子連れのお母さん達でごった返してました。
どんなことをするんだろうと期待してましたが、要は、学校の健康診断と同じです。
もしくは、会社の健康診断。
流れ作業で身長体重を計って、押してみたり、口の中を見たり。
ひととおり終わると、ツベルクリン反応をしました。
これは、見てる方が痛かった。
梨彩は、他の(多分、隣で注射して泣いていた子)方に気を取られていて、注射に気がつかなかったせいか、騒いだり、泣いたりしませんでした。
えらいえらい(^^)。
結果は、やはり標準よりもでかかった。よくここまで・・・(笑)。
ロビーはもうさまざまな赤ん坊がいてじろじろ観察してきましたが、梨彩はかなり大きい方でした。
髪の毛はフサフサだけど、梨彩より一回りくらい小さな子がたくさんいた。
検診は時間がかかるので、時間が経つにつれ、ぐずり出す子が多く出てきましたが、午前中は無敵でご機嫌の梨彩は、ぐずる子を珍しげに見たり、保健婦さんが目の前を通ろうものなら極上の笑顔で愛想を振りまいていました。
母の私は非常に楽チンでした(笑)。
午後、帰宅してからは、ぐずるぐずる(苦笑)。
しかし、いいのです!
私は、ぐずる梨彩も好きだぞ。
暑かろうと、頭痛がしていようと!
(↑ヤケ)

カテゴリー: 子ども タグ:

百日写真

遅ればせながら、梨彩の百日の写真を撮りに写真館に行って来ました。
親戚からもらったベビーカーに乗せてのお出かけです。
今日みたいに暑い日は、抱っこひもよりはベビーカーの方がお互い快適です。
ただ、でかくて扱いづらい所があるので、梨彩と二人のお出かけには使えないのが難点です。
写真館では、さっそく梨彩の晴れ着を選びました。
女の子様と提示された晴れ着は、みんなお姫さまのようなドレス。
どうも梨彩の顔には合いそうになく、男の子用にあったはっぴの方がさまになるだろうとの予想で、青い法被になりました。
さっそく着替えて撮影です。
梨彩は、ご機嫌な所を連れてこられたので、着替えもスムーズ。
撮影時には、さすがプロ。
どうなるかなと見ていたら、みんなで気を引いて、梨彩はものすごくご機嫌で、「笑いすぎ」といわれるほど笑ってました。・・・ほんとわらいすぎだって(^^;) 。
そのあとは、久しぶりに家族で外食。出がけにオッパイをあげなかったので、騒がれるかなとも思っていましたが、レストランに着いた頃には梨彩は眠っていましたので、久しぶりにゆっくりと食事。
食後に起きてきた梨彩にオッパイをあげて、再び、買い物へ。
色々巡ってから帰ってきました。
梨彩には、大きいモモぬいと、甚平、そして、お風呂椅子を購入。
日曜日に、ベビーカー押して買い物する様は、まさに、家族の図でした。
う~ん、ニューファミリーな感じ(死語)

カテゴリー: 子ども タグ:

さようならMeadow…

断続的に続けてきたMeadow日記ですが、近い将来、デュアルブート環境に移行
して、本格的にメインマシンをFreeBSDに移行する決意を固めました。
まだemacsを使いこなせてはいませんが、Win32上では起動も遅く、多少なりと
も不安定であり、常用する気になれませんでした。しかし、メインマシンを
UNIXに移行しようという決意ができたのもMeadowとであったおかげです。どう
しても敷居が高く感じていたemacsを身近にしてくれただけでも、素晴らしい
ソフトウェアだったと言えましょう。
というわけで、これにてMeadow日記はおしまいとします。
今後は、VAIO、UNIX化日記かな。

カテゴリー: コンピュータ タグ: