ホーム > 仕事 > 堀田シティーイン

堀田シティーイン

堀田シティーイン
アクセス
(時間 1時間 12分 (乗車40分 他32分) 片道 780円 距離 20.5km)
名古屋駅を経由しても時間は同じ位だが、高くなる。
名古屋空港 — 連絡バス(320円、19分) –> 勝川
勝川 — JR中央本線(230円、4駅、14分) –> 金山
金山 — 地下鉄名城線(230円、3駅、7分) –> 堀田


食事
朝食は700円で、ロビー横の喫茶店で取れるが、洋食のみのよう。
連泊の場合は間違い無く飽きるだろう。
洋食のメニューなんて日替わりはありえない(^^;)
室内設備
上記リンクに書いてあるとおり。
ホテルは新しく、非常に奇麗で女性客でも安心して泊まれそう。
ライティングデスクが備わっており、ビジネスの拠点として申し分無い。
机の上に空きコンセントが2つ。
FAX用の回線がひとつ空いているので、ダイアルアップ接続も0発信で可能と思われる。
試してはいないが、駄目なわけ無いだろう。
ベッドの枕元にはFM、AMが装備。音楽が無いと淋しい人にはいいのだろう。
テレビはSHARP製で、スーパーファミコン内臓(^^;)
カセットは1晩600円で借りられるが、リストは見ていない。
何本かメジャーなソフトが部屋に常備されていれば、絶対に衝動的にやってしまうだろうに。
バスアメニティ
これが充実していないと、朝シャン派(死語)としては痛い。
浴衣
使い捨て歯ブラシ(歯磨き粉付き)
コップ
ボディーシャンプー
リンスインシャンプー
タオル(大小)
バスマット
ドライヤー備えつけ
物干し紐
ユニットバス
足りないものとして、髭剃り、身体を洗うヤツ、石鹸が欲しいところ。
まぁ、この位は持参したほうがいいのかもしれないね。
総評
他のホテルが取れない場合は、押さえとして。
メインで拠点にしようとは思わない。後一息なんだが(^^;)。

カテゴリー: 仕事 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。