PGP

通信傍受法の可決にちょっと遅れる形で、俺もメールの署名欄で「今後は電話でなく暗号emailでの連絡を望みます」という事を表明してみたのだが、やっと初めて個人での対応者が現れた。


さすが Y.S(仮名) だねぇ 🙂
みなさんも自分の身は自分で守りましょう。
デジタルな世界は、デジタルゆえにちょっとの間違いで全てを失ってしまう世界です。
ですが、「ちょっとの手間」を惜しまなければ、それを未然に防ぐ事ができる、というのもデジタルならではなのですよ 🙂
現在のPGPの実装は、Windowsでは 6.02i が最新です。
こちらでひとつ前の世代ですが、5.5.3i の使用方法を簡単に説明しています。
PGP 5.5.3iの利用
ほとんど変わりませんので参考になると思います。
また、これを機に、Mac版も含めて全部書き直すつもりでいますから、みなさんもぜひPGPを採用して、安全にメールの交換を行いましょう。

カテゴリー: コンピュータ タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。