アーカイブ

1999 年 11 月 のアーカイブ

しばらくサボってたな

1999 年 11 月 30 日 コメントはありません

だって、物凄く仕事が忙しいんだよ。
それはもう1,000年に一度の忙しささ。
・・・って、この言葉あちこちで使いまくってるな(^^;)
この表現、ちょっと気に入ったんだよね。

カテゴリー: その他 タグ:

クリスマスコフレ

1999 年 11 月 30 日 コメントはありません

クリスマスシーズンは各ブランドが限定コフレを出すので、見てる方は楽しみ。
今年はやはりラメなどの光り物が目立つ。
とくに、グロスにラメを混ぜて、それに口紅を合わせるのが多いかな。
アユーラは独自路線でアロマ系のセットでこれも魅力的だった。
私が目をつけていたのはやはりアナ・スイ(笑)。
リップペンシル・アイペンシル・グリッターペンシルのセット。
グリッターペンシルは色味は控えめだけど、かなりラメが光る(^^)。
基本はアイペンシルとして使うようだけど、濃い口紅を付けるときなどはリップペンシルにも使えそうだ。
私は選んだのはアイペンシルがブルーのヤツ。
小瓶に星形の小さなスパンコール(?)が入ったのもついてる。
これはネイルエナメルにプラスするとクリスマスっぽくてかわいいかも。
他にもアナ・スイは限定でネイルエナメルと口紅を何色か出してたけど、一番かわいいと思ったラメ入りの赤い
ネイルエナメルはすぐに売り切れていた。
たぶん、どこのお店もそうだと思う。
コフレの方はまだ少し在庫があるみたい。
ヒカリもの好きな方はぜひ(^-^)。

カテゴリー: コスメ タグ:

一仕事終えて、出掛ける

1999 年 11 月 27 日 コメントはありません

地下鉄で梨彩の近くにいたおじさんが梨彩にみかんとドラ焼きをくれた。
しかも、当たり前のように(笑)。
梨彩はみかんをかじってご機嫌。あとから私もお裾分けしてもらう。
まずは、梨彩の防寒服を買いに。
来年始めに京都に行こうという計画があり、そのためにもと調達。
ストリート系の洋服を扱っているところで購入。
フリースとブルゾンの二重構造でかわいらしい。
何を着ても似合うので(親ばかか?)羨ましい限り。
その後、一樹の服を買う。
彼は人混み嫌い、繁華街嫌いである。
日曜日のデパートなど、鬼門だ。
しかし、彼の洋服事情はこれ以上放置しておけず、無理矢理連れ出す。
若者で混みあるファッションビルは機嫌が悪くなる可能性大。
ワゴンセールなどは論外。
必然的に「静か・店員が控えめ・客が少ない」店になる。
店員は控えめだが、値段は控えめではない店ということ(笑)。
しかし、一樹が服を買うのは滅多にないことなので思い切って奮発する。
しぶしぶだった彼も、気に入ったジャケットを試着していいあんばいになってくれた(^^;)。
平和に買い物が終わってホッと一息。

カテゴリー: その他 タグ:

今日も全敗

1999 年 11 月 24 日 コメントはありません

仕事の締め切り、区民サイトの締め切りが二重に迫る。
そんな中、梨彩にやられる。
まず、梨彩と二人でご飯を食べたあと、私の後ろで遊んでいた梨彩が人知れずお尻を爆発。
なぜか大量におむつの隙間から漏れて私がそれを気づかずに踏む。
絨毯のあちこちを汚染され、朝っぱらからその始末に追われる。
しかし、実家にいた頃に猫がする粗相の始末をして慣れているのでまだマシ。
違うのは絨毯を拭いてると梨彩がおもしろがってじゃれてくるところか。
その後やっと仕事にとりかかる。
梨彩も静かに遊んでいるようだ・・・・と安心したのもつかの間。
玄関からずるずると靴を引きずる音が。
慌てて現場に急行するとそこには玄関の靴とたわむれて泥まみれの梨彩(^^;;;。
・・・・・・。勘弁してくれぇ~。
その後も、仕事はしなくてはいけないので梨彩をいまで遊ばせておくとプレステのふたを開けてディスクを外し
てがりがりかじっていたり、貴重なビデオ(「水曜どうでしょう」東日本縦断ラリー第一夜)に変なバラエティ
番組を上書き録画したりと大暴れ。
いまに仕事場を持っていきたいと切実に思う今日この頃。
危ないモノは置いてないつもりでも無防備なビデオデッキや背の低い本棚は格好の獲物。
台所の網棚キャスターも梨彩の餌食。
更なる嵐の前触れなのだろう、まだまだこのくらいで音を上げてはいけないのだ。
分かってはいても、勘弁してほしい(笑)。

カテゴリー: 子ども タグ:

ずんずんずん

1999 年 11 月 22 日 コメントはありません

この間「あっ、前進した!」と思ったら、1週間もしないうちに家中をハイハイで動きまわるようになった梨彩。
さすがに障害物を乗り越えるところまでは行かないが、それでもさっき台所にいたと思ったら、今度は仕事部屋にいるといった具合。

続きを読む…

カテゴリー: 子ども タグ: