アーカイブ

2000 年 7 月 のアーカイブ

涙腺に触れる音

2000 年 7 月 30 日 コメント 6 件

エアロスミスの「I DON’T WANT TO MISS A THING」と言う曲をご存じだろうか。
映画「アルマゲドン」のサントラに収録されている曲で、映画のプロモでもかかっていた曲だから知ってる人は多いだろうと思う。
私はこの曲を聴くと、絶対に泣く。
外出先で聴いてしまおうものなら、涙をこらえるのに必死になる。
エアロスミスのビデオクリップで聴こうものなら、鼻水が滝のように流れるほど泣くのである。
もちろん映画を観ても泣くんだけど、この曲を聴く方が泣ける。
歌詞を知ってるわけでもない曲が、なぜこんなに涙を誘うんだろう。
他にも歌詞も分からないのに聴くと泣いてしまう曲がある。
映画「バグダット・カフェ」のサントラに入ってる「CALLING YOU」。
歌詞を知る前も知ったあとも泣いてしまうのは、ローリン・ヒルの「TO ZION」、クラプトンの「TEARS IN HEAVEN」。
悲しい曲だけが涙を誘うわけではないみたい。
涙腺に触れるメロディーってのが存在するんだろうか。
他の人にもワケも分からず泣いてしまう曲ってあるのだろうか。

カテゴリー: 音楽 タグ:

めちゃ悪

体調絶不調。
カラダが鉛のようだ。
一樹も同じような体調だろうに、彼は会社に出ているのだ。
弱音は吐けない・・・・。
梨彩だって、夏かぜひいてつらそうだけど、がんばっているのだ。
がんばらないと・・・なぁ。

カテゴリー: その他 タグ:

やっぱり猫が好き

っていう?深夜のドラマが大好きだった。
もたいまさこ、室井滋、小林聡美が姉妹のヤツ。
レンタルビデオで探してるけど、見つからない。
数年前は大きめのレンタルビデオ屋にはあったのにな。
この際、買ってもいいから観たい(笑)。

カテゴリー: 映画 タグ:

5人目のグランドスラマー

タイガー・ウッズがジャック・ニクラウス以来30数年ぶり、5人目のグランドスラムを達成した。
10年前ニック・ファルドが作った大会レコードを更新し、20世紀最後の全英オープン「The Open」、聖地セント・アンドリューズのoldコースでグランドスラムを決めたのだ。
弱冠24歳、僕らから見れば弟のような彼が世界を制し、歴史に名を刻んだ。
勝利後のインタビューで彼が引用した球聖ボビー・ジョーンズの言葉、「人は敗れたゲームから教訓を学びとるものである。
私は勝ったゲームからまだなにも教えられたことがない。」
この言葉は僕も好きな言葉で、最近ずっとメールの署名に入れていた。
タイガーと同じように、僕も今を大切に、何ができるかを自分に問いながら
頑張っていきたい。

カテゴリー: その他 タグ:

酷暑

暑さのあまり、日中の活動が鈍り、ついに昼夜の生活が逆転。
家族全員、暑さとエアコンの冷気にやられた。
睡眠不足、胃腸機能低下・・・などなど。
で、エアコンをしばらく止めようと言うことになった。
止めたのは明け方5時頃。
おそらく、一番気温が低くなっているだろう時間である。
しかし、温度計はぐんぐん上昇。アッと言う間に30度を越える。
じっと座っていても暑い。
窓という窓を開けて風を入れるが、微かに入る風に涼感を感じるものの、ほとんど風
は入らず。
そのうちにも太陽はぐんぐん昇り、夜の蒸し暑さはジリジリした暑さになっていく。
^
布団に寝ころんでいても、布団が熱く感じられてじっとしていられない。
半ばヤケ気味にお風呂に入ってみると、わずかだが、さっぱりして涼しくなった。
この好きに寝てしまえ!とばかり布団に横になるが、アッと言う間に汗が吹き出す。
「もう、このまま力つきて果てていくのか・・・?」と絶望したその時。
タイマーが入ったエアコンの涼しい風が!
「はぁああああ~~」・・・まさに天国。
その後、泥のように眠り込んだ(笑)。
今日の気温は37度くらい。こんな日にエアコン止めてみるのはやはり無謀だった。

カテゴリー: その他 タグ: