ホーム > 食べもの > 美食的黄金週間

美食的黄金週間

今年も、近藤夫妻が仙台から深夜バスで来訪。
去年食べられなかった「ひつまぶし」へのリベンジ来訪である。
とにかく、食べるのが主な目的。
そのほかは歩き疲れたカラダを近所の電気屋のマッサージ椅子で癒す程度(笑)。
二日連続でコジマ電気で疲れを癒した私たち。
エアマッサージっていう、足のマッサージが極楽だった・・・。
かいたいなぁ、アレ。確か、30万くらい(爆)。
到着翌日、蓬莱軒へ。
本店の混み具合を嫌い、最近リニューアルした三越の蓬莱軒へ。
お昼直前だったのでほとんど並ばずに席に付けた。
運ばれたひつまぶし。美味。超美味。
いっぱい目は鰻とゴハンをかき混ぜてそのままいただき、二杯めはわさび、葱、ノリ
をかけて。
そして、最後に薬味を載せた上に熱いダシをかけてお茶漬けに。
かなりのボリュームの鰻とゴハンをさくさくといただけるのは薬味と茶漬けでさっぱ
りと食べられるから。
ひつまぶしを知ってしまうと、もう普通の鰻丼を食べる気がしないほどです。
その後、手羽先とビールの黄金ペアを買い込み手羽先の夕べ。
私は久々にほろ酔いになり、ごきげんでした。
最終日はミソかつを食べに「矢場とん」へ。
若い人たちが長い行列を店先に作っていました。
30分ほどで入店。
梨彩はねぐずりで泣きっぱなし(^_^;
そんな中、特選串かつをオーダー。
じゃばじゃばとしたミソかつソースに浸り、半ば焦げ茶色と化した串かつをほおばる
と何とも言えないソースの甘い香りが。
もっと濃くてくどいものを想像してましたが、ぜんぜんでした。
濃いことは濃いですが、くどさで言えばトンカツソースのほうが全然くどいです。
カツ自体も柔らかくて美味。
同時注文したあさりの味噌汁もボリュームがあって美味。
ミソカツって、まともなのを食べたのが初めてでしたが、想像以上に美味しかった。
あのソースがキモなんだよな、きっと。
あ~~、また食べたい・・・・。
帰り道、赤福でお茶と赤福をまったりといただき、フィニッシュ。
近藤夫妻は思い残すことのない、すがすがしい顔で帰路につかれました。
梨彩は二人がいなくなり大泣きでしたが・・・(^_^;
このまま、黄金週間の食い倒れツアーは場所を変えて続いて行きそうですねぇ、ねぇ、コン夫妻?(^_^)
来年は、中華かなにかがいいですねぇ・・・ふふふ。

カテゴリー: 食べもの タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。