ホーム > 映画 > 13デイズ

13デイズ

ケヴィン・コスナーって俳優さんは私はじつは好きではありません。
なぜと言われてもこまるけど、とにかく好きじゃない。
が、彼がスーツ着て政治ものをやってる映画は絶対面白いから余計に嫌いです
(笑)
「13デイズ」はキューバ危機時の大統領と補佐官の姿を描いた映画。
これがもう、歴史の事実でストーリーの流れも結果も知っているのに、目が離せ
ない。
次々起こる展開に私は胃がきりきり痛みましたよ(^^;
主演ケヴィン・コスナーってなってますけど、見た感じではケネディ兄弟も主演っ
ぽかったですね。
印象的だったのは、最後のスタッフロール。
本来、主演のケヴィン・コスナーがトップにくるものですが、一番トップに出て
きたのは、キューバ危機唯一の殉死者のパイロット役の人。
ああ、これは事実なんだ、現実なんだって胸が痛くなりました。

カテゴリー: 映画 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。