ホーム > コスメ > 本来の馬油の使い方

本来の馬油の使い方

先日、ハンバーグで顔にヤケドを負ったのですが、つけてすぐに馬油をたっぷり
とつけました。
皮がむけるほどだったんですけど、今はまず、痕がどこだかわからないです。
一週間くらいは黒いケロイドみたいになって泣きそうでした(^^;;
とにかく、いじらずに馬油塗る日々。
ちょっと乾いてきたかなと思ったらすかさず馬油。
そしたら、一週間過ぎたあたりから傷口が痒くなってきて、皮がぼろぼろむけて
きました。
んで、皮がむけたとこが薄ピンクっぽくなってて、そこにもしばらく塗りつづけ
ていたら、そのうちどこがどこだかわかんなくなりました。
…感謝、馬油(涙)。
なんでも、馬油は血行を促す作用があるそうな。
おそらく傷口に塗ることによって空気から傷口を遮断してなおかつ血行促進して
新陳代謝を活発にしたんでしょう。
たしか、殺菌効果もあるから化膿止めにもなるだろうし。
圧倒的な力をみせつけられました。
これは、コスメっつうよりも医薬品として常備したほうがいいかもしれない(笑)

カテゴリー: コスメ タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。