ホーム > 映画 > 黒い家

黒い家

とにかく、大竹しのぶがこわい。
これはホラーっつうより「モンスター映画」なんじゃないのか?っていうくらい
際立っている。
おそらくボーリングで鍛えたのであろうたくましい上半身も後半の残虐なシーン
で見るものを納得させる伏線になっている。
クライマックスの家のなかで若槻を追い詰めるシーンは圧巻だった。
あれができるのはおそらく日本では大竹しのぶしかいないのではないか。
そういえば、昔ドラマで彼女は多重人格の女性を演じていて、それも鬼気迫るも
のがあってとっても怖かった。
菰田重憲役の西村雅彦はアクがあって出番は多くないもののとても印象に残る。
私が彼のモノマネをできるくらいだ(笑)
原作では登場人物たちが京都弁で話していて、それが作品に臨場感を与えている
が、映画では各々の話し方でそれを補っているように思える。
だからこそ、大竹しのぶらのベテラン俳優に比べ主人公の若槻が弱いのかなと思
う。
主人公の若槻の恐怖におののく様はなかなかリアルだったものの、あまりに菰田
夫妻が強すぎて印象が薄い。
若槻の恋人の恵にいたってはシナリオ自体でちょい役にしか扱っておらず、ただ事件に巻き込まれたかわいそうでキレイな恋人の感をぬぐえない。
そういうディティールの弱さが作品全体を「とにかく大竹しのぶがコワイ映画」
にしちゃってるような気がする。
が、しかし全体の出来をみれば、「リング」以来のホラーだと思います。
原作映画、片方しか見てないなら、もう片方も見ることをお勧めしますし、どちらもまだという方はとりあえず映画から先に見ることをお勧めします。
映画の「ただひらすらコワイよぉ!」も、原作の「匂いと重苦しさで潰れてしま
いそうな」怖さも二重に楽しめるかと思います。
余談ですが、若槻の会社の上司の葛西役に石橋蓮司が出演しています。
彼が一人いるだけで会社の雰囲気がただならぬものなっていて面白いです(笑)

カテゴリー: 映画 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。