ホーム > その他 > 寒い海とおでん

寒い海とおでん

私の希望で実父母とともに梨彩を連れて海へ。
小春日和なお天気ながら、海へつく頃には陽は水平線へ今まさにシズマントスと
いうところ。
道すがらコンビニおでんを買い込んで浜辺の流木をテーブルにしてみんなでハフ
ハフ食べる。
夏のアウトドアなどで「野外で食べる食事は美味い」と思ってる方々に言いたい。
本当に野外で食べるのが美味いのは秋から冬の寒い季節だ!
寒い中でのあったかい食事はその温度だけで「極上のごちそう」になる。
たかがコンビニのおでんでも寒い吹きさらしの浜辺で食べれば「絶品」だ。
モチ入りの巾着なんかはハラごたえもいいしカラダが温まるので特にお勧め。
食べ終わって温まったカラダがまた幸せ感。
そんな感じでおでんを食べてその後は「シャボン玉バトル」を繰り広げる。
シャボンを吹くのがはじめての梨彩は夢中でシャボンを吹いてそれが終わると義
母が苦心して作った大玉のシャボンをつついて壊すのに熱中していた(笑)
いやぁ、毎度くどいようですけど海はいいです。
おでんのことばかり書いてるけど、目的は「海に行く」なのでありました。

カテゴリー: その他 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。