ホーム > UO > UO日記~生きている世界

UO日記~生きている世界

ウルティマ世界に復活しつつある今、改めてこの世界に愛着を感じています。
私はFFなどのゲームで「ヒーローやヒロインに感情移入する」ことができない、「元祖アンチヒーロー体質」なので、ああいう「自分が世界を救う!!」とかい
うのは苦手です。
FFで好きなのはチョコボで穴掘ったりカエル捕まえたりするヤツだったし(笑)、ドラクエもカジノに入り浸るくらいしか面白いと思えず。
とりあえず、グラフィックが見たい、それだけでやってました(それで充分だろ
という意見もありそうですけども(^_^;)
ウルティマは美しいグラフィックがあるわけでもなく、どちらかというと、「洋ゲー」ちっくに地味でゴツイ絵柄です。
ただ、絵柄とかはすぐになれちゃうのでオンラインゲームをグラフィックの綺麗
さだけで引っ張るのはかなり難しいのではと思う私ですが。
戦闘するときだって、FFあたりにくらべたら地味なことこの上ないし、大体、いくらスキル値を鍛えても「プレイヤースキル(オツムの回転数ですかね
これは)」や「経験値」がなければ戦いでは生き残れません。
ヒト一人の力には限界があり、「ヒーローごっこ」はできない世界です。
それどころか、「フェルッカ」では殺人や戦争が横行していて殺伐とした世界が、「ゲーム世界の設定」時点で作られているのです。
平和だと言われている「トラメル」においても、ゲームシステムの隙間をつく詐
欺行為やハラスメントも後をたちません。
「生きた人間関係」はゲームの中だろうと外だろうと変わらないから当然なんで
すけど。
イヤな人間を目にすることもあるし、狩場でハラの立つ奴に出会うこともありま
す。
が、「いやだ、もうこのゲームするの止めよう」と思ったことがない。
「今日はログインするのやめようかな」と思っても、ニュースサイトで面白そうなイベントとかストーリーが展開されていたら行かず
にいられない(笑)
生きた世界にはCD-ROMだけで完結することのない、止まらない流れみたいなもの
があって、それが面白い。
もちろん、「いい仲間」に出会うのがこの世界では最高の歓びではないかと思い
ますが。
FFがオンラインゲームになるようだけど、あれはどうなんだろう。
興味がないわけじゃないけど、システム的にあまりおもしろいものになる感じが
しない。
職業の数も少ないし、持ち家もないみたいだし。
「オンラインに長く留まる理由」をそこに見出せない。
生きた人間相手になにかするならゲーセンの格闘ゲームとかレーシングゲームで
だってできるわけだし。
もちろん、ウルティマだって日々いろいろなシステムに変更が加えられてよくなっ
たり悪くなったり変化しているんだけど。
だいたい、ソフトが高すぎ。接続料金はそんな高くないけど、ソフトそんなに高
いのはどうだろう。
ウルティマは3000円くらいだぞ(^_^;

カテゴリー: UO タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。