アーカイブ

2002 年 7 月 のアーカイブ

鏡を見ないと…

最近、ほとんど鏡を見ない。
洗顔や歯磨きで鏡の前に立つことはあっても、鏡をみてるわけではなかったりする。
外出するとき(といっても近所だけだが)も、日焼け止めとリップクリーム。
余裕があればそれに白粉とグロス。気が向けばマスカラくらいか。
さっき、鏡を覗き込んだらぼろぼろの顔の自分がいた(汗)
ただ洗顔してるだけじゃ、オハダって枯れちゃうんだー…
一応、かまわない自分への免罪符としてビタミンCの錠剤とか取ってたんだけども…。
スカートを穿かないでいると、脚のラインがいつのまにか「スカートの似合わないライン」になっちゃうのと同じことなのかなぁ。
あぁ、WWEプロレスとか観て笑ってる場合じゃないなぁ…。

カテゴリー: その他 タグ:

パピコちゅーちゅー

娘とオヤツにパピコを食べる。美味い。
久しぶりに近所の靴屋の前を通りがかり、セール中だったのでよってみた。
が、最近脚がむくみにむくんでおり、試着どころではなかった…(涙)
ロイホの隣りの薬屋にはメイベリンが入っているが、新色の口紅は一向に入荷しないらしい(涙)
オットのおにぎりが食べたくなったのでスーパーでタラコと筋子を買って帰宅。
お昼ごはんは、なめこおろしそばと豆乳。
豆乳って、初めて飲んだかも。けっこう美味しいんですね。栄養いっぱいな味がする♪

カテゴリー: その他 タグ:

視聴時間とおやつの関係

テレビを見てる時間が長くなるほど摂取するおやつの量が増える。
特に深夜にまったりテレビの前に寝そべるときにはおやつはかかせない。
…悪いことだとわかっていても止められん…。
最近の我が家の定番は「ドリトス」スクリュータイプのチーズ味。
合わせる飲み物はたいていペプシ(ボトルキャップコレクション中のため)。
最近のハズレジュースはサントリーの冷却水。好き嫌いのあまりない私でも一本飲み切れなかった
(^_^;;
意外に美味だったのが「モニフラ」。後味甘いけど口にあまり残らないので飲みやすいです。
パイナップル好きだし。
余談だけど「おいしい牛乳」も毎日欠かさず飲んでます。
なんか入院中に牛乳飲む習慣がついたみたい。

カテゴリー: その他 タグ:

ヨーダげっと!

ペプシのボトルキャップでヨーダを引き当てました。
なにげに袋の上から感触を確かめたところ、「やたら小柄でライトセーバーらしきものを持っている」ことから、「これだ!!!」とひっつかんでレジへ。
やはり、ヨーダでございました♪
ただし、ペプシ本体はよく見たら「ダイエットペプシ」…まずい…。

カテゴリー: その他 タグ:

お薬について

陣痛促進剤について調べてみました。
すると、どうやら先生が行っていた陣痛をつけるお薬は「促進剤」ではなく「誘発剤」のよう。
促進剤は「すでについている陣痛を促す」もので「ない陣痛をつける薬」として誘発剤があるらしい。
いずれにしても、医学的に使える根拠が充分にあってはじめて使用するものらしく、今回の私の場合はちょっと根拠は薄いかも…。まぁ、その場の医師の判断でどうともなれるのかもしれないけれど。
予定日を過ぎているわけでも胎児の状態が悪いわけでもないから心配されるのは、「急墜分娩」(急激に進むお産)だけ。
誘発するかどうかの天秤にかけた場合に医師と助産婦では意見が違ってくるのかもしれません。
^
いずれにしても、自然につく陣痛と人工的に誘発する陣痛では痛みの感覚も違ってくるとの記述があり、「ああ、やはりこれは最終手段なのだな」と感じた私でありました。
これらの薬は使う病院の体制がしっかりしてることに加えて医師と患者(及び家族)との話し合いも大事だと思うのですが、前回「促進剤」を投与されたときには、「促進剤をいれますねー」だけしか説明がなく、(もちろん、夫への説明もなかった)
そのときの私にはまともに返事をしたり考えたりする余裕もなかったわけです。
なんといっても、陣痛の波に翻弄されているときですから。
私は当時「陣痛促進剤」についての知識は何もなかったのですんなりされるがままになっていたのだけど、それについての知識があって促進剤について不安を感じている産婦さんにとっては、「ちょっと…」と思ってしまう対応だったかも、と思うわけです。
なにが言いたいのか例によってわからなくなったきた私だけど、とどのつまりは、「自然に任せたい」ってことです。
どうしてかって…私が小心者だから(爆)

カテゴリー: その他 タグ: