アーカイブ

2002 年 10 月 のアーカイブ

UO日記~ハロウィーン七変化

2002 年 10 月 31 日 コメントはありません

海外シャードでハロウィンパーティが開催されていると聞いて見物に行ってきま
した。
すごい人出で盛況!開催されていたのはハロウィンの仮装にちなんで「コスチュー
ムコンテスト」でした。
なかなかおもしろかったですが、それよりOSIスタッフを見てるほうが楽しかっ
た(w
変わった杖を持っていたり、ねずみ姿で現れたと思ったらいろんな色のモンスター
に変身するなど・・・。
さすが、GMイベント、珍しいものがたくさん見られて楽しめました。
この模様は今日か明日にでもUOコンテンツに入れますので、目で見てお楽しみく
ださい(^^)

カテゴリー: UO タグ:

かなーりオススメ

2002 年 10 月 31 日 コメントはありません

アットコスメ
というサイトで期間限定でコスメ用ブラシが販売されています。
今回は、携帯用ブラシ&ポーチと、レギュラーブラシのバラ売り。
レギュラーブラシセットを買って愛用している私はもう、鼻息荒く携帯ブラシを
購入。
白鳳堂というこのテでは老舗のメーカーが作成しているのでブラシが大変使いや
すいです。
3割増でお化粧が上手に見えます。とにかく肌あたりがよくて、よく「ぼかせる」
のです。
お化粧の一番重要な「ぼかし」の作業がらくらくにできるので手放せないのです。
確かに、上質なコスメブラシはシュウ・ウエムラやケサラン・パサランなどでも
売っていますが、価格でみると断然、アットコスメのコラボブラシがお得。
しかも、今回のデモノである携帯ブラシセットのポーチははアルティザン&アー
ティストというコスメポーチ作らせたら逸品!というメーカーが作っています。
コスメブラシに興味はあるけど高価くてイマイチ…としぶっている方にぜひオス
スメ。
期間限定(11月6日の午後5時)までの受付なのでお急ぎ下され(^_^)
(注)別にアットコスメの回し者じゃないよ(w

カテゴリー: コスメ タグ:

再会

2002 年 10 月 30 日 コメントはありません

昨日の夕方、オフィスに訪ねてきたのは前の会社でお付き合いのあった方でした。
僕を訪ねてきたのではないので、まったくの偶然なんですが、いやぁほんと懐かしかったなぁ。

「酒井です、覚えていらっしゃいます?」
『・・・太ったねぇ!』
失礼だから…(–;)
でも、今はもう札幌営業所の所長さんだそうです…。
そういえば、当時お世話になった某ISPの営業の方も、現在は札幌営業所の所長さんだとか。
なんだか周りばかり偉くなっていって、自分が取り残されてる気分です(笑)
そして今日は、バイトしていた本屋でお世話になった先輩からメールが。
元気なのかなぁ。
あの頃もギリギリの生活してたように見えるしなぁ。
そういえば、ちょっと前に高校時代の友達とも大通駅でバッタリ。
さらに、専門学校の時からの友達が急に話があるから会いたいとかって…
こういうことは続くんですね。

カテゴリー: その他 タグ:

Trillian

2002 年 10 月 30 日 コメントはありません

弟がMSNで、妻がY!で、俺はICQで・・・。
そういう場合、3つもIMを立ち上げるんですか?

というわけで、互換ソフトの「Trillian」に替えてみました。
AIM、Yahooメッセンジャー、MSNメッセンジャー、ICQ、IRCに対応。
おまけに、双方がICQ経由でTrillianを利用する場合、SecureIMという暗号化モードが利用できる!
導入方法はここが詳しい

  1. Trillianのインストール
  2. Trillian0.74b日本語パッチv02
  3. Trillian0.74SecurityPatchB
  4. Trillian0.74SecurityPatchB日本語パッチv2

ってな順番ね。
使い方に慣れたら、デフォルトスキンのICQとかY!のマークがガサイので、古いスキンに入れ替えるといいかも。
これ
をskinフォルダに展開して。

カテゴリー: コンピュータ タグ:

From Dusk Till Dawn

2002 年 10 月 29 日 コメントはありません

監督がロバートロドリゲス、脚本がタランティーノ。
出演がジョージ・クルーニーとタランティーノ。
前半半分がタランティーノ的クライムムービーで後半半分はゾンビムービーとい
う、これはもう、「わはははは!!」と笑ってしまう映画でございます。
洒落っ気のない人には最高にくだらない映画と言えるかも(笑)
私は好きです、コレ。タランティーノも好きだしロドリゲス監督の作品も好きだ
し、ジョージ・クルーニーかっこいいし。
小児科医の彼は大して好きじゃないけれど、このなかでセスを演じている彼はか
なーりカッコよろしいです~~。
なんとなく、なんども見てしまう、そんな映画。
さりげなくサルマ・ハエックの艶姿も見所かも。

カテゴリー: 映画 タグ: