ホーム > 音楽 > 神様光臨

神様光臨

昨夜はプリンスのライブでした。
ライブは数年振りのこと。
もぉ、駅で降りたあたりから心臓バクバクでして(^_^;;
会場についたのは6時を少し回ったあたり。
が、すでにグッズやパンフの売り場は見つからず(>_<; まぁ、いいんですけどね…前回のパンプだってほとんど読み返すことないし。 で、席についたんだけど、近い!近いのよ、ステージまでっ!!!ハッキリ言って、前回のオープンスタジアム最前列のときより近い(笑)
スタンドマイク真正面、ど真ん中。
DJがイイ感じの曲かけてて、すっごくイイ匂いのお香が焚かれてました。
ヴァニラとラベンダーとベリーっぽい匂い。うぅ~~ん、このお香欲しいなぁ。
ステージ自体はシンプルな作りで、仕掛けなどもないのですが、ベルベットの垂れ幕とライティングがすごく殿下らしくてさすが。
開演時間ちょっとまわったあたりで殿下登場。
いきなりドラムソロからのスタート。うぅ~~ん、カッコイイ~!
新アルバムの曲が多いとはいえ、予想以上に古い曲をやってくれたのがとても嬉しかった。
「Pop Life」で目頭がすでに熱くなってきちゃって、「Purple Rain」でとうとうボロボロと涙が(^_^;
この曲、好きだけど泣くとこまでって感じじゃないし、前回は泣かなかったのに(盛り上がりはしたけど)、もう、ぶわーっと涙が(苦笑)
歌と楽器半々くらいのバランスで殿下のギターも大好きな私はタップリタンノーできました。
途中でレッチリの曲ちょこっとやってくれたり、サンタナメドレーみたいなのもあって、もう、「うひぃいい~!!(喜)」と言う感じです。
某掲示板で物議をかもしていた「ダンサーズ大会(?)」も見てて微笑ましかった。
あのねぇ、圧倒的に平均年齢が高かった。
大体、私より前の席ってファンクラブ会員席だと思われるのだけど、目に付く人のほとんどが「妙齢」のひとたち。
スーツ姿のモロ、「会社帰りに走ってきた」ような人たちも多数。
だから、ステージに上がっていたひともそういう人が多くて。
腕にギプスはめたひとも(笑)
なんかね、年上の人がああ言う風に楽しんでるの見るの、好きなんですね。
潮祭りでタイコ叩いてるおっちゃんが光って見えるのといっしょかもしれない。
ミーハーでいれあげていたのならステージにあがった人たちにシットしたかもしれないけど、なんか、もぅ、そういうのは通り越した感が。
彼はね、神様なの。ご光臨されたのよ、厚生年金会館にね。
彼との交流手段はね、音に身を委ねること。
ファンの身勝手だといわれようが、彼の圧倒的な「音楽」というパイプが自分と繋がっているのを感じることのできたライブだった。
逆を言えば、それを感じさせる音のクオリティ、存在感があったということ。
ほらね、神様でしょ?カリスマなんて言葉じゃ足りないね。
プリンスをナマで見たことがないと(ようするにPVとかしかみてないと)、「ちょっとナヨってて気持ち悪い」くらいの印象かもしれないけど、ステージの彼はかなり男フェロモン爆発です。
その上で、キュートな表情したりして、あれに感じない女は(男も)不感症じゃないか?と、またまた狂信者な私は思うわけであります(^_^;
会場見渡しても、男の率がかなり高くて、「あー、やっぱ男気あるんだよな、殿下」って納得したり。
声の調子もかなりよかったようです。
しかしねぇ、すごいねぇ…。
バックバンドのメンバーもすごいです。
殿下の急なアレンジにもピタっとついてくる。
ドラムの方、とてもセクシーだったわー…。
そうそう、前回のオープンスタジアムよりホールのせいか音もすごいよくきこえたし。
プリンスのライブに行っちゃうと、他のを観れなくなると聞いたことがあるけれど、ほんと、そうかもしれない。あのクオリティの高さは飛び抜けてる気がする。
その上で、あんなにオーラと愛情を感じるステージもそうそう出会えない。
というか、私は彼以上にそれを感じたライブを体験したことがない。
「ピークは過ぎてるんじゃないか」なんて愚問でした。
Swanのルシィのせりふを思い出します。
「世の中には持って生まれた膨大なエネルギーをただ使いこなすどころか、まわり中に放出して人をくるわせてしまう人間がいる」
彼はそれにベジャールの名を上げていますが、プリンスも上げてよろしいのではないかと。
というか、彼のファンは彼の音楽は「Loveだ」とよく言いますが、その通りなのよ。
熱心(?)なファンとは言えない私でも、そう思うの。
だから、ライブってのは愛の交歓ともなぞらえることができるわけ。
これはアルバムを買って聴くだけじゃ体験できないので、やっぱライブには行くもんだとしみじみ思うわけ。
よかったよ、行ってよかったよ、書きながらまた涙出てきちゃったよ。
最後に、お家でお留守番&彩未のお世話をしてくれた一樹と梨彩ありがとう!
あなた方の助力で私は最高の体験ができましたよ!!(^_^)

カテゴリー: 音楽 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。