ホーム > その他 > 食事中の方は読むのをお止めください。其の二

食事中の方は読むのをお止めください。其の二

朝起きて目覚めの排泄ができない…。
朝のコーヒーも排泄を促すので控える。
オットは便意をこらえつつ、出社。
「帰ってきてまだ復旧していなかったら再び出社いたします」という宣告(?)を受ける。
9時を回ってすぐに自分の実家に電話する。
実家は家のつくりが古く、トイレの配水管が通常のものより細くてよく詰まっていたのだ。
最近、トイレの床が地盤沈下して床板などを張り替えたと言うし、おそらくラバーカップもあるに違いない。
電話で確認してみるとやはり持っていた。しかも、ワイヤークリーナーの方もあるという。さすがである。
即、コドモを従え実家に向かう。
午前中くらいに実家に行ったのに帰宅したのは夕方暗くなってから。
本当に直るのかわからない不安と、直らないとしても修繕費用が出ないだろ!という予感。
だから、是が非でも直さなければならないと言う重圧が…。
帰宅する腰が重くなるのも当然である…(汗)
が、あまりぐずぐずもしていられない。
9時ごろになれば夫が帰ってくる。夕食のしたくもして、トイレも片付けなければならない。
コドモ+トイレ道具一式を携えて帰宅する。
朝からバタバタしていたのでコドモ二名はバッタリと熟睡。
おかげでトイレ作業に没頭することができた。
本当なら手馴れている実父にヘルプを求めたいが、彼も締め切り前の売れっ子漫画家のような状態らしく、助けを求められなかった。
自力でやるしかないのだった。

カテゴリー: その他 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。