ホーム > その他 > きまぐれエコロジスト

きまぐれエコロジスト

魚焼いたあとのグリル洗うのに重曹を使うと、簡単にツルツルきれいになり、匂いも残らないので感動。
我が家のガンコな五徳の汚れはさすがに落ちなかったけれど、その後得た情報では、一晩重曹水に漬けてみたりとか、重曹水で煮たりとかするとかなりガンコなやつも一掃できるらしい。
この重曹ワザは雑誌のクロワッサンに載っていたんだけど、結構役立っている。
お風呂掃除とかにもいいらしいけど、我が家の風呂タイムは戦場なのでんなヒマがないのが残念。
とあるマンガで、「純石鹸で洗濯物を洗うと柔軟仕上げ剤を使わなくてもふっくらする」と読み、さっそく粉石鹸を使っていた。
確かに、タオルのごわつきとかなく仕上がる。
ふーん、余計なもの入れないほうがふうわりと乾くんだなぁ。
ただ、溶けにくいから最初にぬるま湯を入れつつ、石鹸を溶かさねばならない。
私は洗剤ネットに粉石けんを入れて、ジャバジャバと溶かしながら水を入れている。
ヒト手間かかるのだけど、コストは下がるし、ハダが弱くても安心できるし、上手に洗えばドライもの(ウールのセーターとか)も洗えるらしい。
極めてしまえば洗濯機の横には粉石けんひとつで済むことも可能!
ま、私はズボラで飽きっぽいので迷わずいつもの「ニュービーズ」と共存共栄を選びましたが。
ニュービーズはとにかく匂いが好き。私にとっての洗濯物の香りってこれです。
粉石鹸は香りがないのが残念だ。リネンウォーター買ってこようかなぁ。
で、この粉石けんをつかって台所などでマルチに使える(マルチっていかがわしい感じだが…)
「とろとろ石鹸」というのを知り、粉石けんがあるからさっそく作ってみた。
…とろとろにならない…
おっかしぃなぁレシピ通りなんだけどなぁ。
まぁ、濃度はお好みで調節してくれとのことなので、シャバシャバ状態のまま使ってみた。
おぉ、泡立ちいい。予想外。
しかも、泡モチもいい。これも予想外。
泡切れはいいだろうと思っていたけど、これは予想通り。
へー、おもしろーい。
次回はきっととろとろ状にしてみせるぞ。
と…まぁ気まぐれエコロジスト振りを発揮してるこの頃ですが、飽きっぽいからいつまで続くやら…(^_^;
ただ、モノを減らしたいと思うならこういったことするのもいいかも。
我が家の洗剤の数、掃除好きなわけじゃないのに、(い、いや、だからこそなのかな??)たくさんあるんだよね。
台所、トイレ、風呂場…。それぞれに何種類も常備。
これが、エコロジカルに掃除しようとすると、「酢、重曹(セスキ)、とろとろ石鹸」で済む。
とろとろ石鹸は洗濯石鹸と同じだし、酢と重曹なんてそこらへんで安価に売ってるし。
場所とらないのはよいことだ。
ただ、新製品好きな私がいつまで続くか…。
道民の血だと言われるんだけど(「新製品好き」)、どうなんだろ、そうなのかな?

カテゴリー: その他 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。