ホーム > 映画 > サウンド・オブ・サイレンス

サウンド・オブ・サイレンス

マイケル・ダグラス主演。
精神科医のダグラスが娘を誘拐され、犯人に彼の患者である一人の少女から、6桁の数字を聞き出すように脅迫されるというのが大筋。
これね、面白かった。
予告の時からすっごく見たいなと思っていて、ようやく見たんだけど、面白かったよ。
制限時間が一日でその短さが映画のワクにぴったりだから、中だるみも、はしょりも感じさせないいい作りだった。
話の糸が何本かあって、それぞれがまわっていくこの手ではオーソドックスな作りなんだけど、話のアシを無駄にひっぱるバカが出てこないからストレスたまらないし、ハリウッド映画でコドモが誘拐されるタイプの映画はラストはハッピーなのである意味、安心してハラハラできるのがいい(笑)
なかなか秀逸でおすすめ。暗号をしってる女の子もかわいいです。

カテゴリー: 映画 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。