ホーム > 時事 > 不快な映像

不快な映像

さっき、お菓子をイラクの子供に手渡すアメリカ兵がテレビに映っていた。
「はい、カメラまわします!3、2、1、キュー!」なんて声が聞こえてきそうなくらい、ワザとらしい映像だった。
不快だ。
非常に不快だ。
戦後日本の記憶がそう思わせてるんだろうか。


攻めてきた国の援助は、援助ではない。
相手を見下した「施し」だ。
私はそう思っているだと、この映像を見て気づかされた。
だから、日本の過去とあいまって、不快に感じているのだ。
イラクにとってすでにこの戦争は「ナショナリズムに基づく防衛戦争」になってるんじゃないだろうか。
フセイン政権がイラクの救世主ではないが、だからといって、自国を戦場に変えたアメリカに組する気持ちにはなれないのでは。
前回の時に後始末をつけなかったアメリカなのでなおさらであろう。
書いてるうちに平静がもどってきた。やれやれ(^_^;

カテゴリー: 時事 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。