ホーム > 子ども > 想定していたことが…

想定していたことが…

一樹と梨彩は今日はそれぞれに出勤&登園した。
一樹はまだ熱っぽい様子だが、これ以上休むと支障が出てくるのであろう。
梨彩もいまだセキと鼻水はまだ出ているが峠はすっかり越えている。
問題は私と彩未。
彩未はずいぶん鼻水がヒドくなってきていて、昨夜はなんども夜泣きした。
おっぱいがうまく飲めなくて泣いてしまう様子。
それと鼻詰まりの梨彩のイビキの二重奏でほとんど眠ることができなかった。


当然、それで病が癒えるわけはなく…。
熱っぽい一樹は自力で会社に向かうだけで精一杯なので、私が梨彩を送っていった。
帰り道、フラフラしてしまった。熱というか貧血のようだ。
一歩一歩歩くごとにすごい頭痛もする。
暖かいのだけが救い。
私はともかく、風邪引き始めの彩未をなるべく暖かくして急いで帰宅。
さすがに、バタンとダウン。
今日から午後保育でお迎えはお昼過ぎなので若干の時間がある。
彩未が眠ってくれれば一緒に仮眠を取れるのだけど、外で刺激を受けたせいか、ご機嫌な様子。
…まぁ、機嫌悪く泣かれるよりはマシか…とあきらめモード。
起きているのがツライのだが、横になるとついウトウト…になりかねないので、こうして日記書いたりしてごまかしてます(^_^;
風邪とは関係ないけど、右手首を寝違えて痛くてぜんぜん力が入らない><
キーボード打ってても微妙に力加減が狂ってしまって打ちづらい…

カテゴリー: 子ども タグ:
  1. はるか
    2003 年 4 月 17 日 17:45 | #1

    しんどさのあまり、お迎え時間を間違えていた…
    ダッシュでお迎え。
    梨彩、相変わらずいっぱいいっぱいの顔で担任の先生と登場。
    「とってもがんばってましたよー」とのこと。
    でも、やっぱし体調が本調子じゃないからお弁当はちょっと残していた。
    「帰りたくない」とゴネていたらしい(先生談)。
    そんな梨彩、先生のさよならの挨拶を無表情でシカト。
    なぜだ、さよなら以外の挨拶なら言えるくせになぜなんだ。
    帰り道、「男の子に蹴られたんだよ」と申告する梨彩。
    帰宅後、連絡帳にも少し魔の手が伸びたらしいのを確認(笑)
    「男の子はいっしょに遊べないよ」とのこと。
    単騎で遊んでいる時に男の子に蹴られたことなんかないのにねぇ。
    まぁ、お迎えに行った時も私がベビーカーかついで門をくぐろうとしてるのわかってるくせに門を閉めやがったクソガキがいたしな。
    コドモなんてそんなもんだぞ…とも言えず。
    「やられたらやりかえせ!」が私のモットーだけど、このご時世なのでそれも言いづらい。
    「ちゃんと『やめてよ!』っていうんだよ」くらいにしときました(^_^;

  1. トラックバックはまだありません。