ホーム > その他 > 妊娠中の浮気と立会い出産

妊娠中の浮気と立会い出産

よく聞くんだけど、普段はまじめ~~なダンナさんでも、奥さん妊娠してる時に浮気しちゃうって話。
まぁ、欲求不満がつもったり、奥さんの変化についていけないって思ったり、いろいろ理由があるらしいんだけど、どうもわからん。
男の人の生理を理解したくないという意識が無意識に働いているのかもしれないけど…。
そんなに男の人って動物くんなのか?と思っちゃうの。
いやー、もちろんそうじゃない人の総数のほうがずっと多いとは思うんだけどね。


男の人よりもっとわからないのが、奥さんのほうでも、「その期間についてはしょうがないなと思う」っていう人が多いってこと。
「た○ごクラブ」かなにかのアンケート読んだときは「え~~?」ってびっくりした。
私だったら、他の時ならいざしらず妊娠中の浮気だけは一番許せない!って思うんだけどなぁ。
(もちろん、私が死ぬまで私が気づかなければいっくら浮気してようが「無い事実」にしかならないが)
浮気された時点で、おなかの子の父親である権利を破棄してるようにしか思えないんだけど。
もちろん、男は女と違って生まれてきた子供と直に対面していく積み重ねの中でしか父性を育めないのはわかってるよ。
でもさぁ、それにしたってあんまりじゃない。
種付けしたらよそへいって繁殖する動物じゃないんだからさ。
「人間だって動物だもん」って言われそうだけどさ。
そういう男に限って女に要求するものが多いんだよねぇ。
実際、女のほうが動物的だよ、生理的なものに関しては。
男の人の下半身の動物さほどハデじゃないけど、「動物的に生きる」ことに関しては圧倒的に女のほうが…と思う。
いきなり朝っぱらかおかしな記事を読んだので思わず書いてみたけど、やっぱ朝の話題じゃないよねー(^_^;;;
一樹は「自分にプレッシャーをかけるのを楽しむタイプ」だからなのか、単にコドモ好きだからなのか、おかしな事ってないんですけどね。
どちらかというと、日々でかくなっていくハラに落書きなんかしちゃうタイプです。
「ハラ日記」では初々しいプレ父親ぶりを発揮した彼も二人目は余裕。
さすがに入院までは想定してなかったのでちょっと慌ててましたが…。
どう余裕かって、私が分娩台で初期陣痛で唸っている時に横でパンを食っているくらいの余裕さ(笑)
いま思ったけど、立会い出産を経験した男の人はさすがに妊娠中に浮気とかできないんじゃないだろうか。
妊娠中のカラダの不調さとか精神的な不安とかはさすがにクチでどう説明しても実感してもらえるものじゃないけれど、出産そのものは目で見ればさすがにちょっとは何か感じてもらえるのではないかと思う。
出産を立ち会うのは動物の中では人間だけのように思えるけど、これは素敵なことじゃないかと思うの。
すごいエネルギー使うんだよ、使いたくないと思ったって使わざるを得ないほどなの。
すべての男性が受け入れられるかというとそれはちょっとわからないけれど、奥さんとあかちゃんがどれだけ力を振り絞って出産と言う事業(?)を成し遂げるのか、見る価値は充分過ぎるほどあると思うんだけれど。
だってさ、おなかの中から、もうひとり、出てくるんだよ!
地球の上に、新しい人間が出てくるんだよ、もちろんおなかの中に10ヶ月も入ってるけど、独立して出てくるのはやっぱり感動と言うかすごい。
新しい存在が「ハンギャー」とかいいながら全裸で登場。おもしろすぎ。
奥さんだけのものにしてしまうのは惜しいっすよ!
…だんだん、論点も主旨もズレてきましたが…
とにかく、妊娠中の浮気は止めようよってことです。
奥さんのほうがよっぽど「動物ちゃん」なんだから、怒らせちゃうとあとが怖いよ。
男と違って、生理的にいつまでも「怒りの記憶」をフレッシュに保てるのが女ですから…ふっふっふ。

カテゴリー: その他 タグ:
  1. 2003 年 4 月 29 日 21:19 | #1

    俺みたいに自分に厳しい人間だって、魔がさすこともあれば、恋に落ちることもあろうかと。
    だからこそ、俺は「出会い」を抑制する方向で生きています。
    外に出歩かない、出ても女性を見ない、女性とできるだけ関わらない。
    ま、完全には無理ですがね。
    しかし、うちの娘たちより若くて、可愛くて魅力的な女性などそうそうおりませんから(笑)

  1. トラックバックはまだありません。