ホーム > 子ども > 育児とブラックホール

育児とブラックホール

昨夜はオットが出張でいなかった。
朝早い出張だったので、幼稚園は朝のお迎えも私が行った。
眠ったままの彩未をベビーカーに入れる。
不思議なことに、泣き出したりせずに眠りつづけている。
梨彩も抱き癖のあるコドモだったが、ベビーカーは大好きだった。
ベビーカーで出掛けた日には何時間でも乗っていた。
ちょっとジュースかお茶で水分補給などしてやれば、あとは勝手に寝たり起きたり。
彩未はもうちょっとワガママでベビーカーに長いこと乗せているとむずかることがあるけれど、それでも普段のワガママぶりからすると、ずいぶんな違いである。


梨彩を送り届けマンションのエントランスについた途端に目覚める彩未。
あーぁ、もっと寝てくれればいいのに~(^_^;
ベビーカーから降ろした彩未はしばらく抱くようにしてそばにいてやらないと泣いてしまう。
ふだんなら放っておくんだけど、昨日今日とちょっとセキと鼻水が出ていてノドがつらそうなので泣かせたくない。
彩未がひとりで遊び始めるとそうっと離れる。
露骨に離れると前にもまして大泣きするので、じわじわと離れなくてはならない。
離れている私を確認しても、彼女が一人遊びを続けるのを確認して、一休みしたり、家事をしたりする。
彼女が後追いせず、勝手に遊んでいるのは長くてせいぜい30分ほど。
その間にどれだけのことができるかが勝負である。
(疲れてるとぼーっと座ってるだけで時間が終わってしまう…^^:)
はっきり言って、まったく気の休まるひまがない。
かわいい我が子に囲まれて何をいっているんだと怒りを買うかもしれないけれど、ほんとに休まるひまがない。
コドモのことは本当に愛しているし、彼女たちの笑顔を見てると疲れもふっとぶ。
でも、疲れるものは疲れるし、独りにだってなりたい。
疲れているとカリカリしてコドモにヤツ当たりしてしまう。
そして、自己嫌悪に陥ると言う悪循環になっている。
ひとりで息抜きしたいと言うワガママと、もっとコドモと遊んでやりたい、話をきいてやりたいという気持ちの板ばさみになってしまってる。
梨彩なんか、きっとすごく我慢して抑えているはずだ。
彩未だって、彼女自身は我慢なんぞしてないと思うけれど、私の態度は梨彩の時と比べてあまりに冷たかったりぞんざいな時も多々ある。
疲れてくると、「ああ、この子達が小学校に上がったら…」とか考え出す。
それまでの期間は黄金にも宝石にも値する貴重な時間だと言うのに、まるで早く過ぎて欲しい刑期か何かのように考えている自分にハッとしてため息が出る。
家事など、オットにおんぶにだっこしてる部分が多々あって、他の専業主婦よりずいぶん楽をさせてもらっている。
忙殺されてまいっているわけじゃないと思う。
なのに、なんでこんなに疲れているんだろう。
貧血なのは確かなようで、普通の栄養ドリンクを飲むより鉄分飲料を飲むほうがシャッキリすることがわかった。
気候もよくなってきていつもなら外に出たくてウズウズするはずなのに、幼稚園にお迎えに行くだけで充分になっている。
とにかく、一日中、うつらうつらと眠い。
だらだらと眠いので食欲やほかの事柄もダラダラしてしまう。
何かしても心が動かされなくなった。
育児ブラックホールだなと、思う。
時たま、こういうブラックホールがやってくる。
が、今回は長い。
春浅いころから自覚症状が出始めていて、いまだに抜け出せない。
自分自身のバイオリズムも低迷しているから余計に抜け出せないのだろう。
話を昨日に戻すが、幼稚園のお迎えに行った帰り、通り道にあるなぞのお店の入り口で桜の枝を一枝分けてもらう。
八重桜。満開の花房がたくさんついている。梨彩大喜び。
葉っぱが桜餅の甘い匂いで二人でウットリする。
ゲーセンによってフライドポテトとコーラを飲んだ。
そのあと本屋によったりいろいろ寄り道をして帰宅。
お天気の中外出できたのでコドモ二人はご機嫌。
寝室のふとんの上で寝転がってしばらく遊ぶ。
オットが帰宅しないので晩御飯はパスタ。
チーズソースのレトルトに、生のえんどう豆を湯がいたやつをたくさんのっける。
グリンピースの缶詰は好きじゃないけど、生のえんどう豆なら大好き。
チーズソースに鮮やかで瑞々しいグリーンがよく映える。
彩未にはシリアルを牛乳でよくふやかしたものを食べさせる。
ちょっと甘い味がついているシリアルだったためか、よく食べる。
食事途中で彩未が寝ぐずりしだす。
食べさせようとしてもスプーンを払いのけ、食べ物を床に叩きつけて首をふる。
「あんたのお姉ちゃんはね、寝たい時はその椅子にすわったまま勝手に寝ていたものだよ」と愚痴をこぼすも、もちろんわかってもらえず。
太陽をいっぱいあびて、帰宅してからものんびり遊んでもらえたためなのか、布団に横たえてちょっとおっぱいをあげただけで熟睡。
二時間もしたら起きるだろうと予測したが、大外れ。夜中の12時になってもまだおきない。
結局、明け方ころ目を何度か覚まして泣いたが、翌朝8時まで眠った。
なんと、14時間!
久しぶりの朝寝坊を楽しもうと思っていたのに(幼稚園休園だった)、ほとんどいつも通り…(涙)
…あぁ、寝たはずなのに、眠くて死にそう…眠り病か?ツェツェハエにいつのまにか刺されてしまったのか?(違う)

カテゴリー: 子ども タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。