ホーム > 映画 > レザボア・ドッグス

レザボア・ドッグス

レザボア・ドッグス

タランティーノ監督の作品で、今のところ一番好きなのがこのレザボア・ドッグス
音楽も画も、動きも、すごくカッコいいっすよ。スタイリッシュ!
好きなシーンは、「耳そぎシーン」です。
タランティーノ未体験の人にはオススメの作品。
これが好きになれたら他の作品もきっと好きになれると思います。
もしダメだったら・・・うーん、「フォールームス」あたりから慣らしていってはどうでしょうか(^_^;
ちなみに、タランティーノは音楽の使い方が上手いです。
サントラ買ってソンをさせません。

カテゴリー: 映画 タグ:
  1. 2003 年 8 月 10 日 21:19 | #1

    「レザボア・ドッグズ」「パルプ・フィクション」「フォールームズ」ともに、ティム・ロスが出てるんですね。
    ティム・ロスっていうと、「海の上のピアニスト」の1900役っていうイメージが強い人も多いかと思いますが、僕の中では「フォールームズ」でタランティーノの小指を落として、何食わぬ顔で尻振って歩いてくボーイのイメージです(笑)
    ちなみに、「レザボア・ドッグス」のもうひとつの見所は、「アルマゲドン」で核ミサイルにまたがってキレてた彼(Mr. Pink = スティーブ・ブシェーミ)ですね。
    「レザボア・ドッグス」の中でもかなり神経質な役柄で、地味に最後はダイヤ持って逃げますが、やっぱ死んでました。

  1. トラックバックはまだありません。