ホーム > その他 > ゲロ・下痢大会

ゲロ・下痢大会

汚い題名で申し訳ない(–;
コトの発端は、またしても幼稚園に通っている梨彩だった。
やっぱり幼稚園に通いだすと、いろいろな病気をもらってくる。
そして、それらの病気に対して、我々大人はなす術もなくいっつも撃沈している。
土曜日の朝、梨彩が下痢を漏らし、朝からトイレ周りが地獄絵図となった。
早朝だったため、俺は幸いなことに眠っていた。
その時はまだ、これが始まりに過ぎないことだとは気づく由もなかった。


土曜日の晩は、連休中に片付けておきたい仕事があったので、気づいたら食事の時間を大幅に過ぎてしまい、pizzahutを頼んだ。
いつもMサイズの8ピースを、大人3ピースずつ、梨彩2ピースでちょうどいいのだが、今回は梨彩の体調もイマイチということで、梨彩は1ピースだけ。
そのしわ寄せは俺に来て、俺が4ピース食べることに。
ちょっと食いすぎて気持ち悪いな、そんな夜だった。
食事後しばらくして、下の娘、彩未が突然嘔吐。
おやおや、食べ過ぎたかな、コイツも。
その程度の気持ちだった。
ところが、嘔吐が止まらない・・・。
15分おきに嘔吐開始。
しまいには、吐くものがなくて胃液を吐き出す始末。
さすがに危険を感じて、休日の当番医などを調べるも、白石区内になく、とりあえずは脱水症状に気をつけながら様子を見ることに。
1歳の子供なので、寝ながら吐いて窒息死する恐れもあるため、その日の夜は朝方に症状が落ち着くまで眠れず。
翌朝、起床と共に今度は梨彩が2発嘔吐。
彩未も下痢を始め、その匂いや色(白っぽくクリームっぽい)が梨彩と同じことに気づき、同じ原因だろうと推測。
ウィルス性(ロタウィルス)の胃腸炎か。
とにかく絶食して(消化できない)、脱水症状に気をつけながら、様子を見ることに。
子供用のイオン飲料を俺が薬局に買いに行く。
戻ってきてから、どうもピザを食ってからの満腹感が除かれてないことに気づく。
このときはまだ俺も体調が悪くはなかった。
おにぎりをひとつ食べるくらいの余裕があった。
でも、程なく全身倦怠感に包まれ、横になる。
状況はどんどん悪くなり、満腹感は一向に取り除かれず、熱が38度近くまで上がってきて辛くなってくる。
横になってると、腸がグルグル激しく捩れ、時に激痛が走るようになった。
陽香がそんな状況を見ながら、焦りだすほどに。
危うく救急車を呼ばれるところだった。
つかの間眠りに落ちて、突然目が覚め、トイレに直行。
尻からおしっこをしてるかの勢いで、下痢が始まる。
肛門から体が溶けていっているよう。
下痢を眺めると、俺のもやはり白っぽくクリーム色。
同じか・・・。梨彩、勘弁してくれ(笑
と、苦笑するも束の間、今度はそのまま体勢を変えて嘔吐10発ほど。
はぁ~、酔っ払って以外の理由で吐くのも久しぶりだなぁ。
嘔吐のおかげで大分楽になる。
梨彩や彩未はもう快方に向かっているようで、夕方以来吐いていないようだ。
俺はここから地獄だった。
夜中、きっちり1時間おきに下痢大会。
ジャーっと水のような下痢を繰り返し繰り返し。
もう10回近くそんなことを繰り返してきただろうか。
もう朝だよ・・・
1日で体重が1キロ減った。
3連休は完全にパー。

カテゴリー: その他 タグ:
  1. 2003 年 11 月 25 日 00:39 | #1

    なんとか峠は過ぎたものの、以来おなかの中に平和の使者が住み着いているようだ。
    クルックー、クルックー、グルルルルル・・・・
    それも1羽や2羽じゃない。
    昔の札幌駅前くらいだ。

  2. さかい家.NET
    2005 年 3 月 29 日 23:42 | #2

    悪夢再び・・・

    2003年11月末の「ゲロ・下痢大会」、「悶絶の週末が明けて・・・」の悪夢が再びさかい家を襲った。 「風邪、5日目」などと書いたが、それは風邪などではなかった。 悪質なウィルス性のなにか。 ・・・そう、きっとロタウィルスとか、その仲間達。 なす術なくゲロを吐き、…

  1. トラックバックはまだありません。