ホーム > その他 > ひさびさに、女の勲章。

ひさびさに、女の勲章。

「ROSE BUD」で渋いブロンズゴールドのほぼペタンコなパンプスを見つけて買いました。
ほんとは、同じタイプで真っ赤なエナメルのを買うつもりだったんだけど、結局使いまわしのききそうな色に落ち着いてしまった・・・。
ちなみに安いです。すでに道行く人の大半はロングブーツなこの頃なのに、完全に逆行している私。
だって、ロングブーツは高いんだもん。何万もするんだもん。
さっそく先日の休日にさっそうとおろしたのですが、思いもよらぬ事態が待っておりました。


歩いてると、痛い。いたたたた・・・いてぇ~~~
このパンプス、先の尖がったデザインです。ほんとにプレーンな形。
そして私は10年くらい先のとがった靴を履いてなかったのでした。
いつも、スニーカーとかエンジニアブーツとか。それも、スクエアな形ばかり。
それがいきなり先細りの靴を履いて歩き回ったものだから小指が痛くて痛くて。
手近なお店に飛び込んでバンソウコを購入して巻きましたが、それでも痛かった・・・。
慣れるまではしばらく痛い思いをしそうです・・・。
それを見ていた夫は「そこまでしてそんな靴はきたいんか」と言ってましたが、好きな格好をするには痛い思いしてもいいんです。女の勲章なのです!と力説しておきました。
・・・まぁ、いつでもそんなにリキ入れてるわけじゃないけれど、たまには、ね。
#とはいえ、最近お気に入りのダボダボのハーフパンツはダンナに「とび職の人みたい」と不評です。かわいいのになァ・・・。

カテゴリー: その他 タグ:
  1. 2003 年 12 月 1 日 20:10 | #1

    まったく理解できませぬ。
    そうやって皮が厚くなり、汚い足になってくわけでしょ。
    俺の足は赤ん坊のように綺麗な皮膚ですよ。
    紫外線に晒さず、余計な摩擦を避けているからね。

  2. はるか
    2003 年 12 月 2 日 13:26 | #2

    手入れをちゃんとすれば、尖がった靴履いてたって柔らかい素足を保てます。
    女優業やタレント業以外の女性がみな、硬い脚をしてるわけではないのです。
    努力してる人はしてるのですよ。あなたの相方は努力不足の感が否めませぬが・・・(^_^;;;
    私は、女性ホルモンを分泌させるような服とか靴が必要なのです。
    外部圧力がないとどうにもこうにも・・・(ごにょごにょ)

  1. トラックバックはまだありません。