ホーム > 子ども > どちらの血なのか

どちらの血なのか

アルトはよく踊る。ノリの良い曲にはすぐに反応して踊りだす。
梨彩も踊るのは好きだが、シャイなのでコッソリなのだった。
んで、姉以上に踊りまくる妹のアルトなのだが、これはおそらくオットの血なのだろう。
とはいえ、私だって恥ずかしながら7年ほどバレエを習っていたのである。
私の血だという権利だってあると思う。
しかし・・・。
どうも観察していると「踊りの質」がオットよりのような気がするのだった。
こう、原始的というか・・・。
思い出すのが「ヤマタイカ」のラストシーンあたりの群集が踊り狂ってるシーン。
ああいうプリミティブなエッセンスを随所に感じる踊りなのである。


ついでに、姉の真似事だろうが、両手を力なく前に突き出して「うぁ~~~」と、お化けのマネをするようになった。
しかし、そのカッコウのまま音楽が鳴ると踊りだすのでそうなるとヘタクソな「スリラー」みたいになって笑える。
もうひとつついでに。
アルトが良く反応するのはテクノとラップ。
ブリティッシュ系でもUS系でもロックはちょっと反応が鈍かった。
「ダンス」できなきゃダメってことらしい・・・。

カテゴリー: 子ども タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。