ホーム > コスメ > 乳液先行型で肌の乾燥を知る。

乳液先行型で肌の乾燥を知る。

昨年は秋から冬にかけてエレガンスで4度ほど買い物をしました。
んで、エクサージュというスキンケアシリーズの乳液をサンプルでいただきました。
3日分のものを肌タイプを選べるように二種類いただいたので計6日分ですね。
最近、友人の影響なのか「高めスキンケア」にすごく興味があるのでさっそく使わせていただきましたよ。
アルビオン式と言われる「乳液先行型」のスキンケアは初体験です。
もともと乳液が好きじゃない上にそれをローションよりも先に肌につけるなんて!と眼中になかったのでした。
ところが、どうも水分が少ないくせに油分が大量に出てくる肌質に戻りつつあるため「うーん、スキンケアを見直さなきゃいけないかもなぁ」と思い始めていたわけです。


さっそく、試用開始。
説明書き通りに付属コットンの上にパウチ一袋分の乳液を載せます。
「う・・・こんなにつけるのか??」
普段乳液をつけるときの軽く4倍くらいの量です。
テクスチャはゆるめで、瑞々しくて乳液独特の油っぽさがないです。
垂らさないように注意しつつ顔の上にのせていくと、案の定、顔が真っ白になりました。
果たして、くるくる馴染ませてどうにかなるものか?不安になりながらもコットンをくるくる。
優しい肌触りながら、激しく毛羽立つコットンは使い方になれるのに2日ほどかかりました(^_^;
これだけの量が肌に馴染むのか不安でしたが、これが馴染んでしまうんですね・・・(怖)
しかも、乾燥してると思われる頬から消えていくのが面白い。
おでこや鼻はそれより時間がかかるのです。
なのでTゾーンの乳液を頬のほうに伸ばしつつ、くるくるくる。
うーん、そうとう、Uゾーンは乾燥が進んでるんだなぁ。こんなところで思い知らされようとは!
その後の化粧水の浸透も悪くありません(とはいえ、とろみ系ローションとの相性はあまりよくない)
この乳液は「水分の蓋」という役割ではないので上から軽めのジェルや保湿エッセンスで蓋をします。
ほっぺ、ふわふわ。
そして翌日の頬あたりの毛穴が目立たない。
毛穴を引き締めるというのではなくて、下から肌をふっくらさせて「毛穴深度」を浅くするって感じです。
さすが、と感心。欲しいけど・・・・高価い~~~~~。
5000円のサイズを一ヶ月で使い切ってしまうらしい。
現在が一ヶ月1000円くらいだからなぁ・・・。
ううぅむ、かなり悩む。

カテゴリー: コスメ タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。