ホーム > 子ども > 生活発表会

生活発表会

去る2月7日に、梨彩の通う幼稚園にて「生活発表会」というのがありました。
まぁ、「学芸会」のようなものです。
その週の始め、オットが梨彩に風邪をうつされてかなり重度に寝込んでその看病に追われたりしておりました。
オットが治り始めたら今度は彩未が濃いぃ鼻水を出し始め、そして私も・・・。
しかし、とにもかくにも「発表会当日まで持たせねば!」という気概だけで当日を迎えたのでした。
幸いにも次女の鼻水は軽い発熱だけで済んだ模様。当日は二人とも元気一杯。
幼稚園までの道のりも風も無く気温は低いながら穏やかなお天気でした。
ところが幼稚園が近づくにつれてだんだんと不穏な空気が・・・。


まず、クチがすっぱくなるほど幼稚園サイドが「車でお越しになるのはご遠慮ください」と言っているにもかかわらず、幼稚園前の狭い道路は車がビッチリ
「自分だけは許される」とでも思っているのでしょうか。
一年に一度の晴れ舞台です、こんな日くらいは「タクシー代」を出すくらいの余裕がないのでしょうかね。
足腰弱ったおじいちゃんおばあちゃん達がいるというのなら、「送迎」だけでいいではありませんか。
こういう、「自分だけは許される」もしくは「そんなこと言ったって、みんなやってるじゃん」的な迷惑極まりない精神構造って、絶対にコドモの精神発達に影響があると思うんですが。
あれですか、私が「理想論」を振り回してるだけですか。
私は「せっかくの娘の晴れ舞台の日に面倒は起こしたくない」というのがあるので黙して語りませんでしたが、夫は毒を吐きまくりでしたよ(^_^;;;
しかし、それも頷けるくらいの路上駐車数でした。(もちろん、園前の道路は駐車禁止です)
ファミリーユースのバンタイプが多いから余計狭い・・・・。
「ベビーカー、車椅子優先のエレベーターにぎっしり乗る普通の人々」がまさか小さいコドモのいる幼稚園にこんなにいるとはある意味驚きです。
幼稚園はすでに人でごった返しており、梨彩を早々に教室に送って私たちはホールのほうへ。
すでに、マンパイ状態
やっとここで悟りました。「座りたいならけっこう早めにこなければだめだ」
けっこう、ひと家族で場所を広く独占してる人もいて、幼稚園側に「席つめてください」などと誘導されて、また若干名が座ることができたようですが。
・・・ここでもまた、「自分達さえ座れればあとのことは見えないフリ」的な姿勢が強く見られて不快感を感じました。
はっきりいって、席探しも面倒なので後ろで立ち見です。
まぁ、私は彩未を抱っこしていたので気軽に立ち動けるほうがよかったのですが、それでも3時間近くコドモ抱っこして立ちっぱなしはツライ。
幼稚園サイドでも、大まかにクラスごとに席を区分けしてみなが平等に座れるように配慮するか、「入れ替え制」などの措置をとって欲しかったところです。
観客席が動くと雰囲気が落ち着かないから・・・ということで「入れ替え式」じゃなかったのでしょうが、あれじゃあ「自分の子」以外を見ようという気にはなりません。
実際、出番が終わったら自分の子を観に教室の方へ行ってしまってそれっきりって人が多かったです。
先生方が「どうぞ、他のクラスの発表もご覧になってください」と言っていたけれど、立ち見で1時間も他の子供の発表を観るのは「苦行」に近いです(^_^;;
私も、彩未が退屈しだしてほとんどの時間は園内をうろうろするか、授乳室にいるかでした。
授乳室はありがたかったですが、男性が入れる雰囲気ではなかったのでできればパーティションで区切って男性にもオープンなつくりにして欲しかった。
だいたい、ミルクの人がほとんどだし、おむつがえは男性にもできる作業だしね。
肝心の梨彩の発表ですが、演目は「こぶとりじいさん」。ミュージカル三歩手前の舞踊劇といったところ。
こぶとりじいさんの役の子が大量に出てきたのでツボに入りました(笑)
梨彩は毎日家でも劇の練習に余念が無く、ずっと歌っていたのですが、部分部分で歌詞が不明瞭なところがあったのですが、すべての謎がとけました。
「おーてんとさーまが、ちちねるぞ~~」(梨彩)
「お天道様がじき出るぞ~~」(正解)
こんな具合です(笑)
そして、梨彩が家で練習していたのは「自分のパート」だけではなく、「すべてのパート」だったことも判明。
梨彩の記念すべき始めての配役は、「黒鬼」でした。かわいかったよぅ~~><
(ちなみに、私はクリスマス劇での「羊飼い」が初。)
梨彩は最初はステージの上の友達しか見てなかったのですが、途中で客席にびっしり人がいるという「観たことない状態」にビックリしたらしく、後半はぼーっとした感じになってました(笑)
それでも、一応フリや歌も歌えていたようです。
本番前の総練習の時にプロがビデオ撮りしていたようなのでそれを購入して本番とどのように違うか検証してみたいと思います。
(たぶん、練習の方がちゃんとできてるのでは)
お昼近くにすべてのプログラムが終わり、やっと開放されてほうほうのていで帰宅。
肩がちぎれるかと思いました(^_^;;
しかし、この日はこれで終わりではなかったのです。
そう、本日の我が家の主役、梨彩のお誕生日だったのでした・・・・。

カテゴリー: 子ども タグ:
  1. はるか
    2004 年 2 月 12 日 19:27 | #1

    せっかくのコドモの発表会だったのに、不満が大半になってますね。
    しかし、コドモには申し訳ないけれど、つっこみ入れたいところが満載だったのですよ。
    みんな、楽しみにして子供達の晴れ舞台を観に来ているのだから、もう少し何とかならないものかなぁと残念だったのです。

  2. 2004 年 2 月 12 日 23:19 | #2

    > こぶとりじいさんの役の子が大量に出てきたのでツボに入りました(笑)
    Bat Dance思い出しました。
    http://launch.yahoo.com/artist/videos.asp?artistID=1021580

  1. トラックバックはまだありません。