ホーム > 映画 > 雨あがる

雨あがる

雨あがる 特別版

寺尾さんの主演だった「阿弥陀堂だより」がとてもよかったので観たくなりました。
もともと、この「雨あがる」は実弟が以前からオススメしており、今回は実弟所有のビデオを借りての鑑賞です。
巨匠黒澤監督の遺作ということで、評価が割れていたりするこの作品ですが、実際のところ、とてもよかったです。
黒澤作品は「七人の侍」を流し見した程度のダメ人間ですが、これ、よかったなぁ。
「晴れ晴れ」というか、「しみじみ」顔がほころぶ、そんな映画でした。
さすが、殺陣のシーンは迫力というかピーンと張り詰めた空気が感じられるのですが、それは劇中のわずかなシーンです。
それゆえ、三沢伊兵衛の「剣豪」さが際立って印象に残ります。
カメラワークや、大仰な芝居がかった台詞回しなど、黒澤カラーも楽しめます。
「黒澤」というブランドを廃して観ても、とてもいい作品だと思います。
根底に流れる「優しさ」みたいなものが「阿弥陀堂だより」に通じる気がしました。
これは、寺尾さんの渋くて優しいお声からくるものでしょうか?
「雨あがる」と「阿弥陀堂だより」、両方のご夫婦も穏やかで優しい印象が同じだったもので・・・だからのイメージかもしれませんが。
うーん、ここ数日でさらに「時代劇好き」に拍車がかかりました~~~。

カテゴリー: 映画 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。