アーカイブ

2004 年 4 月 のアーカイブ

酔いどれ天使

2004 年 4 月 30 日 コメント 1 件
酔いどれ天使

3月上旬から、オンラインDVDレンタルのDISCASに加入しました。
家の近くにはDVDをメインで扱うレンタル屋さんがないもんでして。
最初はフリートライアルということで気軽に始めてみたのですが、品揃えは当然のことながら、実際にレンタル屋に足を運んだときには借りないような作品でも(アダルトじゃないよ)気軽に借りることができるため、加入してよかったと思ってます。
実は僕、黒澤 明をまともに観たことが無かったのです。
オンラインDVDレンタルじゃなければ、借りることがなかったかもしれません(^^;
観るならきちんと主要作品を、初期の頃から追ってみようかと思って借りたのがこの「酔いどれ天使」でした。
三船と黒澤が初めて組んだ作品ということで、やっぱここから観ないといけないだろと。

続きを読む…

カテゴリー: 映画 タグ:

この声が最高

2004 年 4 月 28 日 コメント 2 件

札幌にエアロスミスがくるなんて!
やはり、ドームの影響って大きいんですねぇ。
とはいえ、私、チケット押さえてません。
うーん、数年前なら鼻息荒く行ったと思うんだけど。
「大御所~~」って感じの最近のアルバム聴いてると、どうも・・・。
いや、すごくいいとは思うんだけど、波長が合ってないかんじ。
「偉そうなやつだな、じゃあ何だったら行くんだよ」と言われそうですが。
そうですねぇ、札幌じゃなくても来日したら今度こそ行くぞってのはオアシスですね。
次点で札幌にきたら絶対に行くわ!ってのがショーン・ポール、マリリン・マンソン、レディオヘッドあたりかな。
あ、あとプロディジーとかアンダーワールドとか・・・この辺は来札はほぼ夢ですが。

続きを読む…

カテゴリー: 音楽 タグ:

陰陽師

2004 年 4 月 24 日 コメント 2 件
陰陽師

えっと、こういうの好きなネタなんですよ。
式神とか陰陽道とか。大好きな題材なゆえにアラだらけなのが哀しかった。
主演の野村さんは良いと思います。
演技は大根ですが、所作や声のよさは特筆すべきものがあり、そういう点ではハマり役かと。
真田さんはさすがの重厚さ(この映画の中では)があり彼が映画そのものを引っ張っている感じ。
(ただ、彼だけが浮いていて私は彼の演技が少々「シェークスピア」がかっているように見えてしょうがなかったのだけども)
こう、なんというか「私が思っている邦画のダメだと思うところ」てんこ盛りだったです。
箇条書きにすれば次のような点でしょうか。

続きを読む…

カテゴリー: 映画 タグ:

陽はまたのぼる

2004 年 4 月 24 日 コメント 1 件

謙さんが出てると知り借りました。
っていうか、オットは前から観たがってましたが。
私、西田敏行があんまり好きじゃなくて。しかも「泣いちゃう感動秘話」ってのもあまり好きじゃなくて。
もちろん、この映画も実際観たら泣いちゃったんですけどね。
ヘタすりゃCM観ても泣くほどの涙腺の弱さなんで・・・。
良かったですよ。
「プロジェクトX」をまま映画に仕立てた感じというか。
特に最後はベタだけどダーッと泣いてしまったし。
謙さん、良かったです。(注:彼が主人公ではありません。あくまで主演は西田敏行です)

カテゴリー: 映画 タグ:

十二人の怒れる男

2004 年 4 月 17 日 コメント 2 件
十二人の怒れる男

1957年製作のオリジナルの方。
我が家ではリメイクの方を先に見ておりました。
なのでお話はすっかりわかっていたのですが・・・・なぜにこんなにもおもしろいの!
カクジツに私のベストムービートップ10に入ります。
この映画、ジャケットはカラーですが、中身はモノクロ。
その色味のなさが逆に「会話」に気持ちを没頭させてくれるのです。
場所は最初から最後まで裁判所の一室、アクションもなければ、大仰な効果音もない。
でも、それが最大限の効果を生み出す模範のような映画。
blogに書いてる映画はたいていそれなりにオススメできる映画ばかりだけれど、これはその中でも特に太鼓判をおします。
リメイクの方も良い出来ですが、どちらかと言えばやっぱりオリジナルをオススメいたします。

カテゴリー: 映画 タグ: