ホーム > コスメ > YSL・タン・エクラ・ドゥ・ペルル(以下略)

YSL・タン・エクラ・ドゥ・ペルル(以下略)

先日、「この春イチオシ」だと書いたファンデ、買いました。
300円ファンデからえらい出世ですが・・・。
チープながらヘタすると3000円ファンデと同列程度だと感じるファンデを使用してきたのですが、やっぱ5000円越えの商品はそれなりに優秀です。
もちろん欠点もありますが、それはあちこちの商品を比較検討した上での妥協点。
コイツの場合はなにはともあれ、ケースです。金ピカでドデカイケース。
下のが写真ですが、ケースの右下に映ってるの、私の髪です。
そりゃもう、素敵に「金色の鏡」としてつかえるくらいの金ピカっぷり。
ysl.jpg


そりゃもう、すごいイキオイで指紋つきます。
大体、朝ファンデつけるときって、指に化粧下地の潤いとか残ってる手で触るわけじゃないですか。
もう・・・鑑識に提出したいくらい完璧な指紋がザクザク取れます。
ベルベット調の布ケースもついてるけど、それにもザクザク白いヨゴレがつきます。
私の場合、ソニアのラトゥー(下地)のキラキラが・・・。
かといって、その都度手を石鹸で洗ってるようなヨユーはあるはずもなく。
・・・・ラグジュアリーな雰囲気は未使用の時に限られるかも。
ファンデそのものは、かなり優秀です。
マダムブランドだと思っていたのに、かなりウス付き。
特に、赤みやしみなどをカバーする力は限りなくないに等しいです。
それでも、薄くぴったりと皮膚に密着して「キレイな肌」を作ってくれる。
「白磁器のようにしみ一つ無い」とかいうのではなく「肌状態いいんです♪」的なと言えばよろしいか。
付けたてはマットよりセミマットと言う感じですが、つけて1時間くらい経つとキレイなツヤ肌に。
自然なので、ハッキリしたツヤを求める人には物足りないかもしれないですが、パウダーファンデでこのナチュラルなツヤ感はなかなか得られないと思います。
しかも乾燥しないのがこれがエイジングな肌にはとても嬉しい。
かつ、前も書いたけど皮膚呼吸が妨げられる感じがぜんぜんしないの。
ファンデの何が嫌いって、この皮膚の窒息感だから、それがないのってすごく嬉しいの。
それと、崩れにくいのもポイント。
めがね掛けてると、ファンデが鼻パッドのところでヨレて崩れるのがとてもイヤなんですが、それが無い。
ウス付きでも崩れの醜いファンデはありますが、これはデロデロになったりもせず、頑張ってくれてます。
よって、お直しもラクです。
ウス付きなんで下地にパールとか使ってるとちゃんとパールの効き目がでます。
肌をしっかり作りこむひとならリキッドと併用しても厚ぼったくならないと思われ。
SPF20なので夏も安心して使えます^^
ケースに難ありではありますが、それを差し引いてもオススメかと。
(リフィルが入ってるプラケースで充分と言う意見も聞きました^^;)

カテゴリー: コスメ タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。