ホーム > 時事 > 東京優駿(日本ダービー)

東京優駿(日本ダービー)

北の期待を一身に背負ったコスモバルク(2番人気、5枠9番)は、8着惨敗。
掲示板にも残りませんでした。
キングカメハメハがレコード勝ちで変則2冠(NHKマイル、日本ダービー)達成です。
残念ですが、相手が強かった。
これでダービーは、2001年ジャングルポケット、2002年タニノギムレット、2003年ネオユニヴァースに続き、2004年キングカメハメハと、4年連続1番人気が1着ということになりました。
過去18年間、ダービーで2番人気が勝ったのはたった1回、1999年のアドマイヤベガだけでした。
バルクはこのレースまで8戦5勝(2着3回)でしたから、これが初めての惨敗(今回8着)です。
これをバネに今後どのように這い上がってくるのか、それを楽しみに応援しつづけたいと思います。
夏にはきっと、札幌競馬場で会えることを楽しみに。

カテゴリー: 時事 タグ:
  1. はるか
    2004 年 5 月 30 日 16:26 | #1

    コスモバルクにとっては初めての大敗ということになりました。
    我々は、「最後の大敗」となりましたが・・・。
    これで、秋競馬まで勝負はお預けです(涙)
    それにしても、キングカメハメハの馬体は素晴らしい。
    まさに、私好みのマッチョなお馬さんです。
    変則二冠の達成で、ホントに強いウマであることも証明されて、これからがますます楽しみかも。

  2. 2004 年 5 月 31 日 00:36 | #2

    レコードは出たけれども、高速馬場ゆえに故障馬も出ました。
    最後の直線で故障したマイネルブルックは、予後不良となりました…
    また、レース後にコスモサンビームの骨折が判明。
    こちらは現在のところ経過観察中のようです。
    もっと芝が長く深ければ、時計は出ないでしょうが、故障も少ないんじゃないかと思います。
    「レコードだ!すげぇ!!」と素直に喜んでいられるわけじゃない。

  1. トラックバックはまだありません。