アーカイブ

2004 年 7 月 のアーカイブ

夏日

暑いです・・・
「夏は夏らしく暑いのが好き!北海道は夏が不満だ」と常々言っている私ですが、今年は大満足です。
満足すぎてグッタリしております。
今日も明日も、気温は真夏日になるそうで・・・。
さすがに、30度を連日越えるとクーラーをつけたくなるんですけど、我が家はクーラーを設置していません。
押し入れにあるのに、設置できないんです、この家(涙)
小さいミニ扇風機がひとつあるきり・・・
そういえば、コレをかった4年前の夏は暑かったなぁ。
だから、この扇風機を買ったんだもの(^_^;;

続きを読む…

カテゴリー: その他 タグ:

札幌地下鉄の罠

札幌地下鉄で通勤してるのですが、よく罠にかかるんですよ。
今日もかかりました。
大通駅のホームに降りてくと、新札幌行きがまさに発車せんとすっていうアナウンス直後で、走っても駆け込むのも大人気ないし、やり過ごそうかとさっそうと歩いていったのですが、いつまでたっても発車せず。
ドア開けたり閉めたり始めまして、まぁ、開いてるんだから乗るかと、乗ってみたのですけど、ドア閉まってるのに、閉まってないように計器が表示されてたんでしょうか、全然発車できず、何度も閉めては開け、開ける度にどんどん人が乗ってきて・・・。
駅員が何人も来て、1両ずつチェックしてまわり、その間にも何度も閉めては開け、開ける度にどんどん人が乗ってきて・・・。
7分ほどそんなことを繰り返し、車両は鮨詰め状態へ。
汗だらだら、イライラも絶頂。
そんなことが今日はありました。

続きを読む…

カテゴリー: 時事 タグ:

スリーピーホロウ

2004 年 7 月 23 日 コメント 1 件

ドンファン

ドンファン

これは、予想以上にいい作品でした。
一緒に観た「スリーピーホロウ」がかすんでしまうほど良い作品だったです。
まぁ、とにかくジョニー・デップ演じるドンファンにメロメロです。
私、年下にはまずときめく(死語?)ことないんですが、これにはウッカリときめいてしまいました。
(劇中の設定では彼は21歳)
共演にマーロン・ブランドにフェイ・ダナウェイという豪華さ。
ストーリーは・・・どういったらいいのやら。ファンタジーでもないけど、ラブロマンスというわけでもなく。
でも、ロマンチックでセクシーでファンタスティック。
ドンファンを演れるのはジョニーしかいないだろ!ってくらいハマり役です。
以下、ちっとネタバレですが。

続きを読む…

カテゴリー: 映画 タグ:

野獣死すべし

野獣死すべし

深夜に寝そびれてしまって、気まぐれでつけたテレビで放映してたのを、そのまま見てしまいました・・・。
見るつもりなかったんだけど、 松田優作がすごくてそのまま最後まで見てしまったんです。
共演の鹿賀丈史もギラついた演技が印象的でした。
っていうか、私の中の彼のイメージって「料理の鉄人」のアレなのでギャップが(笑)
でも、やっぱり優作がすごかった・・・。
ストーリーとかメチャクチャな感じがするし、時代的テーマとか古い感じもする、アラの目立つ映画なのに最後まで観てしまったのはひとえに優作氏の演技です。
とくに、深夜の列車の中で刑事あいてに「リップバンウィンクル」の話しをするときの演技がすごかった・・・。
こう、特に好きな俳優というわけでもないし、彼の醸し出すあの威圧感というか異様な圧迫感は寧ろ苦手な私なのですが・・・(^_^;;
映画がすごいというより、役者が際立った作品。優作ファンにはたまらないのではないかと。
「蘇える金狼」も観ようかなぁ・・・。

カテゴリー: 映画 タグ: