アーカイブ

2004 年 8 月 のアーカイブ

KASABIAN

2004 年 8 月 31 日 コメント 1 件
カサビアン (初回生産限定盤) [LIMITED EDITION]

前の日記で紹介したときに「買う!」と宣言したとおり、買いましたー♪
これって、私の好きなバンドを見事にパッチワークしたみたいな音です。
オアシスとプライマルとストーンローゼズの一時期の音と・・・。
曲によってはイアン・ブラウンっぽかったり。
やっぱ、オアシスっぽいボーカルに惹かれるのかなー。
そこに、好みのデジっぽい音が重なってればこれは無視できませぬ・・・^^;
聴いてて気持ちよ~~くなる音ですねー。
一番最初に通しで聴いたときは、「Club Foot」より激しい曲がなくて「えーー」と思ったけど、気付けばすっかり中毒状態(笑)

カテゴリー: 音楽 タグ:

The Prodigy~always outnumbered never outgunned

Always Outnumbered, Never Outgunned (期間見ヤ限定特別価格盤)

蟹さんアルバムからもう7年が経つとは!!
ケミカルとかがアルバム出すたびに「プロディジーはいったいいつ出すんだ」と思いつづけてきましたが、ついにようやく!といったところ。
相変わらず、大音量がよく似合う「デジロック」な一枚になってます。
前作ではキースとマキシムの絡みがすごく好きだったので、それがない今作が気に入るか不安だったけど、全然よかったっす。
ジュリエット・ルイスが歌ってたり、オアシスのリアムが歌ってたりしてるんだけど、でもプロディジー一色。
うーん、いいです><これ系の音ではプロディジーが一番すきー♪
あ、買うなら絶対に期間特別限定価格日本盤を!
ボーナストラックすげぇカッコいいから。

カテゴリー: 音楽 タグ:

2004 北海道マラソン

第18回を迎える「北海道マラソン」、初めて観に行ってきました。
ほんとは嫁と子供たちも連れて行く約束をしていたのに、やつら俺が出張行っている間に支笏湖にキャンプに行きやがりました。
それはそれで悪いことではないのですが、約束破るなよ。
日曜に約束あるから、名古屋で羽根伸ばさずに帰ってきたのにさ・・・。
さてさて、わたくし何を隠そう元陸上部員でして、小学生の頃はちびっこ駅伝にでたり、クロスカントリースキーをずっとやっていて、中学高校と主に中長距離の選手としてやってました。
練習が好きではなかったので、高体連の地区一次予選で落ちるような弱小選手でしたが、走ることは好きでした。
高校のときに校内マラソンで、学年1位になったのが思い出ですね。
全校で2位だったのは、同じ部の後輩が遠慮を知らずにマジで走りやがったため(笑
いやぁ、見てないと思うけど西山くん、今もまだ忘れてないよ(怨

続きを読む…

カテゴリー: ランニング タグ:

緊急出張:名古屋

突然、台風16号より勢力の強い某高橋商会というところからの突風に飛ばされ、木曜日の夜に気が付いたら名古屋にいました。
金曜日は終日名古屋にて作業。
しかも訪問した顧客は、かつて名古屋にいたときに出向していた某データセンター。
もう名古屋を離れて3年近く経っており、ひさびさの訪問は感慨深いものでした。
「みんな元気にしてる?」
「みんなって誰さ。もうあの時の人誰もおらんで」
みたいな会話に少し寂しさも漂いますが、それが世の流れというもの。
でも当然、変わっている人もいれば変わっていない人もいるわけで。
急だったこともあり、限られた人としか会えませんでしたが、とっても懐かしかった。
パートナーだったY女史は、3月に無事出産とのこと。
ダンナさんは電磁波を浴び足り無かったようで、悔しいことに元気な男の子。
今日は帰るだけだったので、何とか都合をつけてもらって空港の近くで会えました。
昼飯ごちそうさんでした。
ダンナ、来年は北海道マラソンでお待ちしておりますよ!?
これから9月に向けてかなり仕事が厳しくなるので、かなり切羽詰った精神状態だったのですが、名古屋で苦難を共にした仲間達と会うことが出来て、元気を分けてもらうことができました。
これなら頑張れるかも。
みんなありがとう。

カテゴリー: 仕事 タグ:

耳に残るは君の歌声

耳に残るは君の歌声 特別版

ジョニーデップ、クリスティーナリッチ、ケイトブランシェットが出演しています。
後から涙が出てくるような、そんな映画です。
事実、私は映画を観ている間は泣かなかったけど、その後に涙が出ました。
というか、今も、思い出して半泣きの状態です・・・。
淡々と流れる音楽と情景。絶望的な情勢なのに、そこに溺れることなく人物とストーリー描かれています。
クールというのともちょっと違うんだけど、なんと言うか、登場人物の感情が高ぶるシーンでも、カメラそのものはとてもクール。
感情移入してる自分の心だけが人物にシンクロしていくような感じでした。
「さあ、ココが泣き所だよ」みたいなのが一切ないのがすごくよかった。
でも、泣き所は実際にはたくさんあるんですけどね(笑)

続きを読む…

カテゴリー: 映画 タグ: