ホーム > 映画 > ミスティックリバー

ミスティックリバー

ミスティック・リバー 特別版 〈2枚組〉

ヒドイ映画でした・・・。
二度と観ることは無いでしょう。
イーストウッドの手腕も、役者も、素晴らしい。それはわかる。
でも、どうしてもダメでした。
救いの無いストーリーがダメというのではなくて・・・。
「構造」的なもので、私の中の何かがダメだししている感じ。
許せないけれど、憎みきれない。
それは、時として「心地よさ」ももたらすのだけど、この映画は「不快感」しか残さない。
もしかしたら、それは自分が持つ、「同じ部分」から発せられた不快感なのかもしれない。
イーストウッドがそれをねらったとしたら、この映画は大成功だと言えるでしょう。
「観るべきだ」とは思う。でも、「一度だけ」でいい。
音楽が印象的でとても効果的に使われているのですが、なんと音楽もイーストウッド監督が手がけているそうです。
さすがですな。

カテゴリー: 映画 タグ:
  1. 2004 年 8 月 22 日 17:10 | #1

    ミスティックリバー

    ミスティックリバー ★★★☆☆ 幼い頃、ジミー、ショーン、デイヴの仲良し3人組の一人が遊んでいる最中に車で連れ去られ、監禁・暴行を受ける。無事逃亡し、普通の生活に戻ることが出来たデイヴ。 そして3人は疎遠になり、大人になった。 一つの事件をきっかけに3人は…

  1. トラックバックはまだありません。