ホーム > ランニング > 2004 北海道マラソン

2004 北海道マラソン

第18回を迎える「北海道マラソン」、初めて観に行ってきました。
ほんとは嫁と子供たちも連れて行く約束をしていたのに、やつら俺が出張行っている間に支笏湖にキャンプに行きやがりました。
それはそれで悪いことではないのですが、約束破るなよ。
日曜に約束あるから、名古屋で羽根伸ばさずに帰ってきたのにさ・・・。
さてさて、わたくし何を隠そう元陸上部員でして、小学生の頃はちびっこ駅伝にでたり、クロスカントリースキーをずっとやっていて、中学高校と主に中長距離の選手としてやってました。
練習が好きではなかったので、高体連の地区一次予選で落ちるような弱小選手でしたが、走ることは好きでした。
高校のときに校内マラソンで、学年1位になったのが思い出ですね。
全校で2位だったのは、同じ部の後輩が遠慮を知らずにマジで走りやがったため(笑
いやぁ、見てないと思うけど西山くん、今もまだ忘れてないよ(怨


今日は風も強く肌寒いくらいの天気。
気温が低いのは走る人にとっては良い条件なのでしょうが、いかんせん風が強い。
選手にとっては少し気になったかもしれませんね。
僕が観に行ったのは、第2折り返し地点
35km地点と40km地点の中間くらいで、南郷通の中央分離帯を折り返します。
場所はちょうど白石サイクリングロードの起点から、ほんの少し東へずれたところ。
以前は家の下を走っていたような気がしたんですが、去年から新コースに変わっていたんですね(^^;;;
強風で肌寒い中、ボランティアのエイドステーションの人や、陸連関係者、警察の方、そして沿道で声援を贈る一般の方々・・・。
uhbや道新の旗をパタパタ言わせながら、選手が走ってくるたびに大声援を送っていました。
僕も沿道のひとりだったわけですが、来年の北海道マラソンでフルマラソンデビューを予定しており、選手が通り過ぎるたびに、ぐっと心に期する物がこみ上げてきまして、いてもたってもいられずに、女子トップの千葉選手が折り返したのを見届け、足早に帰路に着きました。
家に帰って直ぐに、筋トレ。
今夜は24:00からオリンピック男子マラソンを観戦せねばならないので、練習はこれでおしまいです。
8年間吸っていた煙草を止め、禁煙から2年。
30歳を過ぎ、運動不足で鈍りに鈍った体に鞭打ちながら、来年の夏に向けて、怪我をしないように、無理をしないように、着実に前に進んでいきたいと思っています。
まずは10月3日に札幌マラソンの10km(30代)で調整。
冬の間にきちんと基礎体力をつけて、春にはハーフマラソンで北海道マラソンの規定タイム(1:50以内)をクリアせねばなりません。
高校生のときに面白半分で出場した札幌マラソンで、このハーフの規定タイムはクリアしていたはずなので、僕はこれからの半年で、失われた12年を取り戻す努力をするわけです。
そして来年の夏には、沿道で妻と子供たちが声援を送る先に、僕が走っている予定。
この日記にも近日中に、新カテゴリー「Run」が追加されるでしょう。

カテゴリー: ランニング タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。