ホーム > > グラマラスな女たち

グラマラスな女たち

デブ一歩手前、デブったらオバサン化間違いなしなカワイイ子っていいよね。
ブリトニースピアーズとか。
古いところだとマライア・キャリー。
あと、アリシア・シルバーストーンとか。
オフのスッピン+体重増加の写真を見てビックリ、みたいな。
でも、ビデオクリップとか映画の中の彼女達は肉感的でとてもよろしいです。
若いから許される、あの肉付きの健康的なセクシーさがウラヤマシー。
さて。
昔、「エロガンス」なるオドロキの言葉を排出した「グラマラス」という雑誌をまた買ってしまいました。
いやー、ネタの宝庫ですね、あれ。
ああいう女性ファッション誌っていままであんまり知らないぞ。


セレブなラスベガス完全ガイドだの、一流男を狂わせる究極のモテ女だの。
セクシー&ビッチィな女の子が大好きな私としてはビジュアルはとても好み。
自分が参考にするとかそういうのはおいといて(w
さすが、それ系なもんで、お手本で出てくるセレブたちも海外セレブがほとんど。
ジェニロペ、ビクトリア・ベッカムなどなど。
なんと、イタリアで合コンなる企画もありましたぜ。
「お嫁さんor彼女」になるための雑誌でなくて、「転がされる女」だけど「すっごいイイ女」に憧れる20代から30代の女性向け。
掲載されている服の値段から考えて主に独身貴族女性向けと思われ。
ヲイ、そんな服着て一体ドコへ行くつもりだ?というお洋服が沢山出てきて面白いです。
まぁ、それはOL御用達系の雑誌の「合コン勝負服特集」とか観ても同じなんですがね。
でもね、「グラマラス」に載ってるお洋服の大半は、ボディが良くないと意味の無い、ホントにセクシーな服が多いよ。
背中が開いて体にフィットするミニのドレスなんて、それを着たからセクシーなんじゃなく、セクシーな身体につけるからセクシーなんだ。当たり前だが。
だからこそ、目の保養にはもってこい(笑)
ただ、こういうのって「下品」と紙一重なので実践するのは相当難しいと思うな。
実際に、セクシーワイルドを狙ってるファッションの人で品位を落とさずにいる人をほとんど見た事がない。
ハズしてしまうとただの「安い女」だからハイリスクハイリターン。だから楽しいのかもしれないが。
ワタシは一時期このセンに憧れて真似したこともあるのですが(恥)、キャラが違いすぎるのでヤめました。
だって、きっとワイルドセクシーな流し目のお姉さんは「魁!!男塾」なんて読まない。
ましてや、「魁!!クロマティ高校」なんて絶対に読まないだろうから・・・(言っててむなしくなってきた)
文章とか見出しが笑える上に目の保養になるので好みであればお薦めの雑誌(笑)

カテゴリー: タグ:
  1. The Public INSIGHT
    2005 年 3 月 8 日 00:12 | #1

    GLAMOROUS デタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!!

    待つ事数ヶ月・・・。 遂についに”GLAMOROUS”が発売されましたよ!! 待ちに待ったイタリア合コンのレポートが掲載。 あまりにツッコミどころ満載で思わず買ってしまいました。(笑) ココに引っ越し…

  1. トラックバックはまだありません。