ホーム > 映画 > ロードオブザリング王の帰還SEE

ロードオブザリング王の帰還SEE

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション

実は、コレクターズエディションはレンタルされてすぐ観ていました。
が、こう消化不良の感が強すぎてレビュー書く気になれなかったのでした。
満を持してSEEを観ましたよ!
消化不良が一気に解決!!!
感動!やっぱすごい!
コレクターズエディションのときは、肝心のフロドたちにイライラするばかりで全く感情移入できずに歯がゆい思いをしました。
それが、氷解。
フロドたちのシーンはカットされてるところはなかったにも関わらず。
その他がしっかり描かれることによってしっかり際立ったということでしょうか。
ラスト近くでサムが「ホビット庄」について語るときに感動できたのが嬉しかった。
やっぱり劇場版はカットしすぎ。
とくに、取りざたされたサルマンがらみじゃなくて、アラゴルンがらみが。
もう、黒門で「フロドのために」っていう台詞がぐっとくるのはその前のいろいろな出来事があってのことなんだよーーーー><
以下、もう少しネタバレするかもと思いつつ・・・


「旅の仲間」「二つの塔」「王の帰還」と、あわせればそれだけで映画1本半はあろうかという未公開シーンがあるわけです。
当然、それらを観なければお話は完成しないのです。
劇場版でピンとこなかった人は、ぜひ、ぜひぜひぜひ、SEEを観て欲しいです。
ほんと、一作目、二作目、三作目と先に進むほど、カットされてるシーンの重要度が増してきます。
はっきり言って、SEE観ないと観たことにはならないと思うのです。
もう1つ。
レンタルとかで間隔をあけて三作観てる人。
SEEを通してみてください。
ぐっとくるのの大きさが変わってきます!!
体力の限界に挑戦っぽい、修行にも近い時間ですけども(笑)
私、最初に一作目のSEEを見たときもファラミアにはあまりたいした感情を持たなかったのに、今回SEEぶっ通しのために観たとき(つまり、一度三部作SEEを見た後)は、もう、涙ボロボロ、大号泣。
オットに笑われるくらい泣いてしまいました。なんでだかわかんないけど、すごい泣けました。
やっぱ、エルフより、ドゥネダインより、ホビットより、「人間」ってことなんでしょうか(笑)
ピピンがゴンドール執政に歌ったあの歌も、二回目の方がぐっときます。
あの歌いいなぁ。サントラに入ってるんだったらサントラ欲しいなぁ。
あまりにもエピソードが多すぎて語り尽くせないのが悔しいです(^_^;;

カテゴリー: 映画 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。