ホーム > 仕事 > ANAブロンズサービス

ANAブロンズサービス

bro_card.jpg今年の搭乗回数が昨日で30回になりました。
ANAブロンズサービスに到達です。
ANAの上級会員サービスの一番下のランクです。
50回搭乗で、プラチナサービスが受けられます。
7ヶ月で30回、1ヶ月に4回のペースですから、このペースを維持して後半も落ち込まずに粘れれば、あと5ヶ月で20回は無理せず到達可能です。
実は以前プラチナに到達しているんですが、SFCの申込みの際にちょうど転職してしまったためカードの審査が通らず、無印会員に逆戻りしてます。
ある意味、真の上級会員でございます。
今年は是が非でもプラチナに返り咲くため、届かないと判断すれば自費で修行の旅に出ることも厭いません。
なんでこんなに全国行脚してるんだ?
仕事の内容については余り詳しく申せませんが、UNIXと呼ばれるコンピュータの初期導入支援の仕事をしています。
データセンターを梯子して、購入いただいたUNIXサーバの初期設定を施し、お客様がすぐに使える状態でお引渡しする、そんな仕事です。
OSやミドルウェアの設定は、礎となる部分ですので、インフラ屋と呼ばれたりもします。
インフラエンジニア、そんな言葉があるかないか知りませんが。
SEとか開発系のコンサルタントとはちょっと違います。
むしろ、そういう人たちがお客様であったり。

カテゴリー: 仕事 タグ:
  1. 2005 年 7 月 29 日 00:15 | #1

    こんにちは。昨年秋からはじめてのプラチナです。SFCも無事ゲットしたのでひとまず安心。おかげさまで秋のNYCは3年連続のC席を確保しました♪でも来年はせいぜいブロンズ止まりの見込みです。

  2. まゆママ
    2005 年 7 月 29 日 09:25 | #2

     道場の日誌いつも楽しみにして愛読してます。夢の実現をめざした激務の中での工夫。高地トレーニングのところよんで、純粋に感動しました。なぜか涙がでちゃったんだけど、こんな反応、私だけ?釧路湿原でのご健闘をお祈りしてます。

  3. 2005 年 7 月 29 日 11:39 | #3

    >まっちさん
    次は札幌マラソンですか。
    僕も出ます。
    7月は順調に練習できているようですね。
    プラチナだとマイレージが2倍だから、面白いようにマイル貯まりますよね。
    ほんと今はANAに貢いでるみたいで、もったいないですよ。
    早くプラチナに返り咲きたいです。
    >まゆママさん
    忙しさの中で、もう頭は半分麻痺しています。
    はっきり言って、出張は好きじゃないです。
    でも出稼ぎしないと、道内だけの仕事じゃ食ってけないのも確かで。
    出張先で走る工夫をすることで、なんとかごまかしごまかしです。
    走っているときだけは何も考えなくていいので、今の忙しさの中で走ることを奪われたら、頭がパンクしてしまうかもしれません。
    苦肉の策です。

  4. 2005 年 7 月 30 日 00:28 | #4

    はじめて書き込みします。
    いつも小出監督の道場をみていますよ~
    一度だけ、応援メッセージを送ったことがあったのですが、その頃の私はマラソンをはじめたばかりで
    洞爺湖マラソン10キロ完走をめざしていました。
    今ではすっかり走ることにはまってしまい、この前の士別
    ハーフマラソンで来年の北海道マラソンの出場資格を
    ゲットしました~
    今度の目標は札幌マラソンです!
    私も頑張りますよ!!

  5. 猪谷百春
    2005 年 7 月 30 日 19:26 | #5

    もう札幌まで1ヶ月を切りましたね。決して順調とは思っていないでしょうが道場の日誌を見る限りでは順調に思えます。もう出発したでしょうが釧路で余り無理せず故障を避ける事を祈ります。省みれば経済的な理由もありスポーツに熱中させる事避けていたのかな?お前も当然理解していたと思うけど・・・でもこうしてこれほどにのめりこんでいる姿を見て・・・・・スポーツマンスピリッツはしっかり備わったかな?と思います。一生のバックボーンになるはずです。なまじっか弾みで勝ったやつは人生踏み外す事有り、負ける・目標未達で学ぶ事の多いことか?古い言葉になりますが「アマチュアに引退無し」何時までも続ける事を祈ります。ただランニングで長生き出来た事例はない。ランニング中は頭の働きが鈍る・・・回復せずにまた走るとだんだん・・・・・?私が入社した会社に映画「心臓破りの丘」の著名なランナーがいらっしゃいました。当時42歳くらい今も存命かな?

  6. 2005 年 7 月 30 日 20:50 | #6

    >OYUさん
    Ogamanさんのところで名前を拝見しております。
    今後ともよろしくお願いします。
    うちの嫁にハッパかけてやってください。
    同じくらいの走力のようです。
    >猪谷さん
    山田敬蔵さんでしょうか。
    1953年のボストンマラソンを猛烈なデッドヒートで制し、翌年「心臓破りの丘」として映画化されたそうですね。
    今度借りてみてみます。
    ところで山田さんはその後、1995年から10年続けてボストンマラソンに参加されており、今は恐らく77歳。
    今年も参加されたはずです。
    300回以上フルマラソンを完走されているそうです。

  7. 2005 年 8 月 1 日 12:25 | #7

    かずきさんお疲れ様です。
    出張続きのコンディションで頑張りましたね。
    本当に怪我だけが心配でした。
    道マラまであともう少し。
    ケアを怠らず奥様の手をかりながら
    体調を万全に持って行きましょう!

  8. 2006 年 11 月 7 日 05:55 | #8

    ANAマイレージクラブ「プラチナサービス」獲得しました。

    ANAマイレージクラブ「プラチナサービス」獲得しました。今年の一つの目標として、ANAマイレージクラブの「プラチナサービスを獲得する」があった。こう言った「サービス」の獲得の為に、一日に国内線を何往復もしたりして搭乗数を稼いだり、安い長距離チケットでマ…

  1. トラックバックはまだありません。