ホーム > ランニング > 長くて短かった日々に感謝。

長くて短かった日々に感謝。

さきほど、オットが最後の監督メニューをこなしに家を出て行きました。
家の窓からいつもオットの姿を見送っています。
いつもは、家の前の横断歩道のところから走りだすのですけど、今日は名残惜しいのか非常にゆっくりとした足取りで道路を渡っていきました。
モニタの日誌にも、嬉しい気持ちにはなったけれど、泣かなかった私ですが、その後姿を見て、いろんな感情がこみ上げてきて涙が出てしまいました。
頑張ってきたオットへの気持ちもありますが、これまでの長かったようで実に短かった日々への感謝のような、そんな気持ち。
本番は明日ですが、毎日毎日重ねてきた練習は今日で一区切りです。
自分が走ってきたわけでも、まして明日走るわけでもないのに泣いてしまうなんて不思議なものですね(^_^;;
ちなみに、昨日のオットの日誌で泣かなかったのは、先に監督メッセージで泣きが入ってしまい、”慣れ”てしまったからだったりします(笑)

カテゴリー: ランニング タグ:
  1. 2005 年 8 月 27 日 21:24 | #1

    はるかさん。いよいよ明日ですね。
    ここまでかずきさんが頑張れたのも、はるかさんの支えがあったからだと思うなあ。
    はるかさんにもメダルをあげたいです。

  2. 2005 年 8 月 27 日 21:36 | #2

    お二人の日誌を見て心が熱くなりました。
    本当は明日近くに居てあげたいのですが
    治療院の予約があり
    行けずに本当に申し訳ございません。
    はるかさん、かずきさんの脹脛を
    優しく下から上にさすってあげてくださいね
    「愛は喜びを二倍にし悲しみを半分にする」
    それではかずきさん、はるかさん、明日、笑顔で楽しんで来てください!

  3. 2005 年 8 月 27 日 21:42 | #3

    はじめまして。ずっと、ふたつのブログ拝見していました。
    どんな結果でも、今までの日々、そして明日は、忘れることのできない良い日になるでしょうね。
    明日は、私も走ります。練習の一環としてです。
    かずきさんやはるかさんの他にも、この大会に特別な思いを持って参加されている方たちがいらっしゃることは、想像に難くありません。
    襟を正して、しっかり走ろうと思います。ありがとうございました。

  4. 猪谷百春
    2005 年 8 月 28 日 07:47 | #4

    とうとう当日になりました。確かに一樹も頑張った、けど はるかも頑張りましたね!・・・・残念ながら応援には行けないけれど・・・目標達成を祈っています。・・・・・・

  5. 2005 年 8 月 28 日 15:48 | #5

    かずきさん3:15:56お疲れまでした。
    ご夫婦で美味しいお酒が飲めますね。

  6. 2005 年 8 月 28 日 16:15 | #6

    かずきさん。まずは完走おつかれさまでした。
    最後数キロで何か大変なトラブルがあったのでしょう。大きなケガなどではないことを祈りつつ、レースの報告、待ってます。本当におつかれさまでした。

  7. 猪谷百春
    2005 年 8 月 28 日 16:58 | #7

    ご苦労様!30kmまでは10kmタイム徐々に上がってきたので・・・・・・
    何があったか想像できませんが・・・・私も無念である。でも体で学んだ事沢山あると思う・・・これを経験とするか?挫折とするかこれからです。まだ数ヶ月・・・・・・始めたばかりでしょ!ジャンプの原田 金メダル取りそこなって、1分後に笑ったぜ・・・・・37歳でまだ飛んでいる。またスタートしましょう。みんな期待していると思う。おつかれ!

  8. まゆママ
    2005 年 8 月 28 日 17:20 | #8

    私は、初フルを完走したとき、かかった時間とかは、全く関係なく、こんな私にも、走り切れたんだとダメな自分にとても感動して、本当の涙を流しました。泣き虫ですが、自分自身のことでにこんなに感動しことは、なかったかも。
     お疲れ様。数字的な目標は、達成できなかったけれども、条件は、真夏の初フル、すばらしい出来だと思います。感動しています。目標が非常に高い所にあったので、今回は、悔しい思いをしていることでしょうね。でも、初フルだからこそできるかずきさんらしい積極的なペースでレース展開が出来たことと思います。
     これから経験を積めば、すぐに次の目標が展開することでしょう。今回のことを最高にいい経験をしたと振り返る時がくることでしょう。
     初フルで3時間15分。初フル完走おめでとうございます。

  9. 2005 年 8 月 29 日 16:41 | #9

    >ふれっぷさん
    北海道マラソンの沿道の応援、職場や友人の反応。
    すべてが初めてでしたが、やはり特別な大会として根付いているのだなと実感しました。
    来年もまた必ず走ると思います。
    来年は、38km地点が僕のスタートラインだから。
    >K-コンディションさん
    一度は生かされたこの脚。
    あと4km持ちませんでしたが、僕の努力がほんのわずか到らなかったせいです。
    これからも今まで以上に練習を積み重ねていきます。
    今後ともよろしくお願いします。
    >まっちさん
    昨年のRoad to NYCマラソンの2人に会いましたよ。
    彼女達が結果を出せたことは凄いと思います。
    彼女達が道マラに来たんだから、今度は僕がNYCマラソン走る番ですよね~
    >まゆママさん
    やっと皆さんの仲間入りです。
    まだフルは1回しか走ってませんけど、マラソンランナーとして胸を張ってもいいんですよね?
    小出道場卒業生としても、皆さんの仲間に加えてください。
    いつか同じ大会を走れることを楽しみにしています。
    >猪谷さん
    今更ながら、競技スポーツで結果を出すことの難しさを思い知りました。
    父さんが頂点に上り詰めたこと、尊敬します。
    僕の5ヶ月間なんか霞むほどの努力を積んだんでしょうね。
    親父は偉大です。
    そんな親父の息子であることを誇りに思います。
    これからも走りつづけますよ。
    来年の道マラこそは、当たり前のように3時間を切って見せます。

  10. 2005 年 9 月 2 日 22:09 | #10

    さて、一息ついて、どうです?
    私は、抑えて走ったはずなのに、まだ筋肉痛です。情けないな。
    練習開始しましたか?

  1. トラックバックはまだありません。