アーカイブ

2006 年 1 月 のアーカイブ

冬場のスピードトレーニング

2006 年 1 月 29 日 コメント 18 件

3月12日(日)に京都シティハーフマラソンを控え、そこで自己記録を4分更新し、1時間18分以内の公認記録を欲しいと思っている僕に、雪の壁が立ちはだかっています。
雪道の微妙なアンジュレーション、滑る足元は、いつものようにJOGをしているつもりでも、脚に多大なダメージを与えていました。
腫れ上がる脛。
あまりの痛さにスポーツクリニックを受診したほどでしたが、診断はシンスプリント。
痛みや腫れがあるときは冷やして、練習は続けてもいいとのこと。
強度を落として、今月もなんとか300kmはキープし、これから徐々に心肺を追い込んでいこうかというところに、頼みの綱の室内練習場つどーむの休館の報せが。

つどーむ屋内アリーナ整備伴う休館について
平成18年2月6日から3月11日まで、屋内アリーナ整備のため休館となります。

って、そんな・・・。
思えば、青島太平洋マラソンのために家族で出かけた宮崎はフェニックス・シーガイア・リゾートでも、オーシャンドームが改装のため、僕らの滞在中は使えませんでした。
そう言えば、スピードトレーニングを強化しようと思った矢先、昨秋の10月4日から厚別公園競技場も改築のため閉鎖され、使おうと思ったときに使えませんでした。
呪われてる?

続きを読む…

カテゴリー: ランニング タグ:

白石CR合同ラン

2006 年 1 月 29 日 コメント 7 件

昨日はアザラシさん主催の第5回白石サイクリングロード合同ラン、僕は前回に引き続き2回目の参加でした。
前回に引き続き、参加ではなくて「遭遇者」として登録。
そもそも白石サイクリングロードはホームコースなので、どうしたって遭遇するわけです。
だから一応名乗りを上げておこうかくらいのノリだったのですが、実際には、きちんと待ち合わせ場所に現れるのですから、参加者と変わらない行動・・・。
しかも、待ち合わせ場所でいきなりアザラシさんに「飲み会も出れるよね」と言われ、断れるはずも無く。
軽い気持ちがアフターまでフル参加することになったのでした。
ここを訪れてくださっている本州のみなさん。
われわれはこんな所を、吹雪の中でも毎日走っているんです。
アホでしょ?(笑)

続きを読む…

カテゴリー: ランニング タグ:

マラソン版グランドスラム

2006 年 1 月 24 日 コメント 9 件

マラソン版グランドスラムを創設
世界の5つの主要都市マラソンが、マラソン版グランドスラムを創設することになった。ボストン、ロンドン、ベルリン、シカゴ、ニューヨークの主催者が23日、ロンドンで記者会見し、「ワールド・マラソン・メジャー」を結成し、対象レースの成績を得点化して男女の勝者に各50万ドル(約5750万円)を贈ると発表した。

ここに東京マラソンが入るようにならんとね。
しかし、これでまたひとつ、目標が出来てしまいました。
ま、この5つのレースに出て完走すれば、僕だけのグランドスラムという可愛いもんですけれども。
フルサブ3、富士登山競争完走、ウルトラサブ10というのもあったなぁ。

カテゴリー: 時事 タグ:

小出道場講習会2

2006 年 1 月 22 日 コメント 9 件

小出道場の講習会&懇親会2に参加してきました。
土曜日の千歳8:30発~羽田10:05着の便で飛んだのですが、関東地方は雪の予報。
まさかあれほどとは思ってなかったので、着陸しても外に目もくれず、CAの機内放送で初めて積雪を知らされ、外を見てびっくりしたのでした。
着陸はしたものの、出発便が雪の除去作業で大幅に遅れており、駐機場がまったく無い状態ということで、出発便の遅れの分だけ待機することになり1時間待ちです。
幸いなことに出張慣れしている分、こういう不測の事態には寛容になっておりますので、あせることも無く小説の続きを楽しんで待っていました。
その後、JRも多少乱れていたようですが、京急品川からエアポート成田のグリーン車にて、快適に千葉までクルージング。
13時過ぎには千葉に着いていました。

続きを読む…

カテゴリー: ランニング タグ:

「皇帝」ハーフで世界新

2006 年 1 月 16 日 コメント 3 件

asahi.com:ゲブレシラシエが世界新 男子ハーフマラソン – スポーツ
ゲブレシラシエが世界新 男子ハーフマラソン
2006年01月16日14時18分
世界新記録で優勝したハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピア)=AP
 陸上のアリゾナ・マラソンが15日に行われ、男子のハーフマラソンに出場したハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピア)が58分55秒の世界新記録で優勝した。20キロの途中計時も55分48秒の世界新記録だった。

はっきり言って、スゲェ。
それまでの世界記録は、トヨタ自動車九州のサムエル・ワンジルの59分16秒だった。
ワンジルはニューイヤー駅伝での快走が記憶に新しい。
ワンジルはまだ19歳、「皇帝」ってば僕のいっこ上なんですけど。(1973年4月18日生まれ)
レベルは雲泥の差なので引き合いに出すのも憚られるけど、まだまだやれるんだなぁと。
頑張ろう。

カテゴリー: 時事 タグ: