ホーム > ランニング > 『京都』断念か!?

『京都』断念か!?

なんか去年の春もこんなこと(⇒『伊達』断念か!?)で悩んでた気がする。
気のせいかな・・・(^^;
しかも、北海道マラソンの参加資格を得るための、大会のやりくりとかもそっくり。
・・・と、前振りで緩衝材を用意しておいてから本題。
思えば1月上旬の3連休、江ノ島周辺を走っていたあのときから痛かったんです。
その後、余りに痛くて病院に行き、そのときは「シンスプリントだろ」と診断され安心してました。
確かにスネも痛いので、シンスプリントなのはそうだったんだけど、思えば痛いのはスネ正面、足首上の腱だったわけで。
で、先日、足首を反って伸ばしたら、腱がギシギシ言うじゃん。
『腱鞘炎』だろそれ?と感じたのがアスリートの風に出演したあの日。
それから5日間安静にし、日常生活で痛みを感じなくなった今朝、恐る恐るJOGを再開してみました。
8kmを6分ちょっとのペースで50分かけて。
naviさん曰く「アスリートのそよ風」ペースだったのに、また腱鞘炎は腫れあがりましたorz


京都シティハーフに出る目的をきちんと説明しておきますね。
目標は7月頭に実施される札幌国際ハーフマラソンへの出場です。
参加資格は、フル2:40、ハーフ1:18、10kmで33分以内の公認記録を有すること。
現時点で、ありません。
申し込み締め切りは恐らく、6月1日です。
それまでに出さないといけない。
昨年も道マラで同じようなことやってました、僕。
そこで京都シティハーフとなったわけです。
3月12日に開催されるハーフの公認大会、公認コース、陸連登録の部の3点セット。
ですが、ここにきて危険信号点滅です。
赤くは無いけど、少なくとも黄色が点滅してる状態ですね。
じゃあ、6月1日までに公認記録の取れる大会は他にないのか?
フルは、洞爺湖でも間に合いますが、そこで2:40切るなんて言えません。
僕がユウトパパさんやファイアーさんならよかったんですが、この2人は既に札幌国際ハーフの資格は軽くクリアされてますし(^^;;;
その2人ですら、2:40はまだ切ってない。
そうなると後は、5月14日に変更になった仙台国際ハーフしかないでしょう。
参加資格はハーフで1:35以内なので、OKです。
しか~し!!
申込締切が3月10日で、しかも「ハーフマラソンは先着850名で締め切る」そうで。
とにかくあわてて申込書を取り寄せています。
定員に足りてなければ、ギリギリ間に合うだろうか。
なんでこんなに綱渡りなんだろう・・・
とりあえず、京都は出る方向でベストを尽くします。
はっきり言って、ろくな練習できませんでした。
これからの10日間も、刺激入れると腫れあがるので、短い距離を軽い負荷で繋ぐことしかできないでしょう。
無理して何とか京都シティを走り、資格をGETしてから休むか。
 ⇒参加資格をGETできても、怪我を悪化させて完治に1ヶ月以上かかるかも
 ⇒参加資格も取れない、怪我も悪化させて最悪なことになるかも
諦めて、照準を仙台に合わせて、怪我を治すことを優先するか。
 ⇒京都の航空券バースデー割はキャンセル料(12,600円)発生
 ⇒そもそも仙台でも失敗したら後がない
 ⇒ばかりか、その時期は洞爺湖マラソンもある(そっちもでたい~)
全ては仙台国際ハーフの申し込みが可能かにかかっています。

カテゴリー: ランニング タグ:
  1. 2006 年 3 月 2 日 21:11 | #1

    自分で読み返していて、思いました。
    怪我してるなら、大会は出るべきではありません。
    ファンランするならいざ知らず、記録狙いなのです。
    簡単に体が壊れる負荷をかけようというのですから、やめるべきです。
    僕がプロなら止めますよ。
    でも、それで割り切れるならこんなこと書いてません。

  2. 2006 年 3 月 2 日 21:38 | #2

    足の状態にもよるけど・・・。
    私なら、京都はやめる。
    その代わり仙台ではなんとしても、記録をつくる。一発勝負。
    一か八か・・・好きです。
    で、洞爺湖マラソンもでる。ハーフのあとだから、フルはなんでもない。
    かえってよい結果が出ると思う。
    かずきさんは、どんな結論を出すんだろう。

  3. 2006 年 3 月 3 日 00:14 | #3

    先日の足を引きずっていた様子、かなりつらそうだと思っていました。
    自分も京都は断念した方がいいと思います。
    キャンセル料は痛いけど、私も館山と荒川でキャンセル料を払いましたから・・・って、関係ないですね。
    仙台、間に合うといいですね。

  4. 2006 年 3 月 3 日 07:25 | #4

    自分もそういうことでしたら京都はやめた方が・・・。
    逆に仙台ハーフまでトレーニング期間が延びるということは、それだけ18分切りの達成度も高くなりますし。
    いや~本当に仙台間に合うといいですね!
    仮に駄目だったとしても来年がありますから、自分も1年待たされてやっと今年札幌国際ハーフに出場できるので。怪我を治してあわてずにです。

  5. 2006 年 3 月 3 日 08:19 | #5

    リスクそのものは半々かもしれないけれど、治った脚でトレーニングを再開できるなら仙台路線の方が結果的にリスクは軽減されるかと。
    以前から、熱が出たりどこかが痛くなったり皆様にお知らせするまでもないと判断して通り過ぎた小さな危機はたくさんありましたが、これはちょっと無視できない状況です。
    結果を出せた後だからこそ、いろいろなところにこだわったり、捨てられないものが出てくるのかもしれないけれど。
    ・・・・あれですかね、あれだけ「京都に行きたい~」と思ってる妻を置いて京都で観光とかおいしいもの食べてたから今頃ツケが・・・?とも思ってる私ですけど。
    不謹慎ですか、そうですか。

  6. 2006 年 3 月 3 日 10:20 | #6

    ただいま、中部国際空港のラウンジにて午前中の便のキャンセル待ち中です。
    昨夜はバンテリンのミニパッドを貼って寝ました。
    今朝の練習はやめました。
    走れば腫れる、そんな状態は変わらずです。
    2週間くらい完全に脚を休めるしかないようです。
    今、仙台国際ハーフの大会事務局に問い合わせ、定員には余裕があるとのことでしたので、申込書の送付をお願いしました。
    ギリギリまで判断は遅らせますが、僕も走るからにはきちんと結果を出したいと思っていますので、今回の京都は回避する可能性が高くなりました。
    >こうめさん
    仙台も走って洞爺湖も走るというその考え、いいですね。
    上述のように、京都回避の方向で考えます。
    >Ogamanさん
    1月以降は騙し騙しやってこれたのですが、インフルエンザ明けに無理をしすぎてしまったようです。
    あの日からずっと、脚は引きずったままです…
    >ユウトパパさん
    沖縄の結果は予想通り素晴らしいものだったので、その勢いに乗って京都もと思っていたのですが…
    仙台に軌道修正するなら、狙いは78分じゃなくて75分です。

  7. やす
    2006 年 3 月 3 日 10:31 | #7

    辛い決断になりますね、改めて調整の難しさを実感します。

  8. 2006 年 3 月 3 日 11:08 | #8

    かずきさん、こんにちは。
    脚の方ですが、また腫れてしまったとなると
    ちょっとというかすごく心配です。
    本番までどれだけ回復するかが問題ですが
    レースを走って悪化させちゃうのは避けたいですね。。。
    仙台で走れるなら確実にそこでというほうがいいのでしょうか・・・。
    何よりも怪我をして一緒に走れなくなるのが残念ですので。。

  9. かめやん
    2006 年 3 月 3 日 11:48 | #9

    仙台以外の可能性を増やすとして「10kmで33分以内の公認記録」の選択は無理なのかな?

  10. NAOJI
    2006 年 3 月 3 日 12:56 | #10

    脛、深刻ですね。YANCOさんみたいに5ヶ月もラン休養などということにならないようにね。脛はどうしたら治るんだろう。休んでも走ったらまた再発だと、困りますし。
    今年は諦めましたが私も来年は仙台出たいです。

  11. 2006 年 3 月 3 日 18:05 | #11

    んー、ごめんなさい。「アスリートのそよ風」なんて言ってる場合じゃないですね。
    「京都」をどうするかは、賢明なかずきさんのことだから、キチンと判断されることでしょう。
    そうかー「杜の都」かー。ってもう決めつけてる…。

  12. 2006 年 3 月 3 日 20:46 | #12

    >やすさん
    怪我をしないようにと思っていても、病気をしないようにと思っていても、やるときはやってしまうんですよね。
    それを受け入れて、治すことに専念することができれば悪化はしないのですが。
    >ファイアーさん
    今回の怪我は長引きそうな気がします。
    今までは3日休めば走れたのですが、そういうものは怪我と呼ばないんでしょうね。
    幸い、左足に故障が集中する理由は、斉藤店長のシューズ診断でも明らかになっていますので、きちんと対策を施して、長い目で治して行きたいと思っています。
    >かめやん
    心配してくれてありがとう。
    でも正直なところ、10kmの33分以内が一番難しいです。
    今の自分の実力では、5kmを17分切るのが精一杯。
    >NAOJIさん
    とりあえず、病院行って相談します。
    1週間休んでも治らないんだったら、2週間休むしかないんですよね。
    とりあえず、治すことに専念します。
    騙し騙し走るより、思いっきり練習したいです。
    >naviさん
    いえいえ、自分でも先日の名古屋朝ランは情けなかったです。
    自分が自分で無いような、体の重さ、脚筋力の低下を痛感しました。
    気持ちを切り替えて、仙台はまだ一度も行ったことが無いので楽しみにしてます。
    実は妻の生まれた場所でもあるし。

  13. マサ
    2006 年 3 月 4 日 00:38 | #13

    足の具合、あまり良くないようですね。
    お大事にしてください。
    万全な状態で、仙台に挑めるといいですね。

  14. 2006 年 3 月 4 日 09:07 | #14

    脚かなり悪いようですね。
    どちらを選ぶにもリスクはあるとしても、京都で無理してしまうと、記録が出ても札幌ハーフにまともな状態で望めない危険もある気がしますから、万全な状態で仙台へというのが、よい気がします。

  15. 2006 年 3 月 4 日 20:50 | #15

    かずきさん、こんばんはー
    先日の合同ラン後のお食事会で、足の故障の事を聞きましたが、これほど重症だとは思いませんでした。
    私も昨年冬に怪我をして、約1ヶ月以上走る事さえままなりませんでしたが、目標にしていた大会目前と言うことで、ショックはかなり大きいかと思います。
    しかしです・・、私のようなおじさんならいざ知らず、まだまだこれから伸び盛りのかずきさんですから、此処は焦らず(難しいでしょうけど・・)
    しっかり治して下さいね。
    目標の札幌国際ハーフでは、ユウトパパさん・ファイアーさん、そうしてかずきさんの熱いバトルを楽しみにしていますので。。。

  1. トラックバックはまだありません。