ホーム > 映画 > Platoon、再度鑑賞。

Platoon、再度鑑賞。

こんな時間になにやってんでしょうね・・・。
作業が長引いて深夜2時半。
寝る前に少しテレビつけようかな、なんて思ったのが間違いでした。
始まって数分の「プラトーン」を観始めてしまい、結局最後まで(涙)
だって・・・だって・・・ジョニー・デップ出てたんだもん!!
(というか、「出てたってIMDBで読んだけど、どこにいたっけ?」という気持ちで観ちゃった。)


というのはきっかけに過ぎないんですが。
はるか遠い子供時代とは印象も感想も変わるものですね、当たり前ですが。
確か、子供のときは「バーンズみたいな人間を作ってしまう戦争をやっちゃいけないんだ」みたいな感想を持った気がします。
大人になってからみると、ストーリーと派手なところだけ追っていた以前と違って、要所要所がエグくて観るのが辛い。
農村でベトコン探ししたあげく村を焼き払うシーンとかなんてもう、まともに観られなかった。
エリアスのダークサイド的なところとか、バーンズの「山猫は眠らない」のベケット的なところとか、前は気づけなかったし。
(まぁ、私の主観でしかないから万人にハマる感想じゃないけど)
しかし、ウィレム・デフォーってこの頃からバイっぽいですね。
大麻ふかしてる最初の頃のシーンとか、セクシーでクラクラしました(笑)
トム・べレンジャーとウィレム・デフォー、この二人がいて成り立ってる映画なんだなぁ。
チャーリー・シーンなんて「誰でも良かったんじゃない?」なんて思ってしまいそうだけど、設定からみるとやはりハマってる。
そしてジョニー・デップ、ちゃんと出てるじゃないですか。
いいです、いいですよぉ~~~。
ちゃんと観れば、ジョニー以外の何者でもないという感じでした。
こうやって意識して見直すまでどこに出てるんだかまったく思い出せなかったんだけどね(^_^;;
正直、再度観てみると、ラストの主人公の独白はなんか「ご都合主義が匂うまとめ方」でなんか気に入らないんですけど、それは私が歳とってひねくれちゃっただけかもしれません。

カテゴリー: 映画 タグ:
  1. Teao
    2006 年 3 月 23 日 08:40 | #1

    いつもお世話になっております。毎回楽しく拝見させていただいております。この、汗臭い?話題が多い中でのプラトーンネタ。その勇気にただただ感動している所です(若干涙も)。
    プラトーン懐かしいなぁ。と、思ったのもつかの間で、どんなやつだっけ?と、全く思い出せないのは歳のせいでしょうか。。。もう少し勉強してから出直します。

  2. 2006 年 3 月 23 日 22:28 | #2

    >Teaoさん
    もともとメインはコスメネタとか映画感想だったんですけどね・・・。
    時代が変わったといいますか(笑)
    プラトーンといえば、一連の「ベトナム戦争映画」の先がけっぽい位置の映画かと。
    O.ストーン監督ですね。
    ちなみに、戦争映画としての好みということだと、私は「フルメタルジャケット」の方が好きだったりします。

  1. トラックバックはまだありません。