ホーム > 映画 > パイレーツオブカリビアン・デッドマンズチェスト(ネタバレ有り)

パイレーツオブカリビアン・デッドマンズチェスト(ネタバレ有り)

先行上映初日の昨日、観てまいりました。
船長にほれ込んで早何年でしょうか。
観に行くときは一番最初に観る!と思ったことを果たせました・・・。
(ほんとならプレミアでみたかったところですが!)
全体的な内容についてですが・・・・。
ミーハー的な視点ですともー、身もだえすることろ一杯なんだけど。
ストーリー的にすごく長く感じてしまいました。
こう、ワンシーンが長すぎたりする感じ。ときどきテンポが悪くなる。
アクションシーンがなかなか面白いのに、それをひっぱりすぎてリズムが悪い気がする。
3作目とワンセットで評価しなくちゃいけないものだと思うので、「・・・あれ?」ってところは心の引き出しにしまっておきます(^_^;;
この作品、次へ続くかたちで終わってます。
マトリックスの「リローデッド」みたいな感じです。
とはいえ、「船長は船長、海賊は海賊」なわけです。
ゼッタイ、も一回観に行きます!!
(某有名翻訳家さんによる字幕なのも、もう一回観た方がいいと思う理由のひとつです・・・(^_^;;)
そして、以下、激しくネタバレになります。
なるべくなら、観ない方がいいかと思います。
(ごめんなさい、控えようと思いましたが、抑えられません><)


オーリィ、もといウィルがよりしっかりしててカッコよくなってました。
船乗りが板についてきてます(笑)
あと、ノリントンさんがボーボーの髪になってました・・・。
すっかり飲んだくれてましたが、やはり美声・・・うっとり。
あのイントネーションといい、声の色艶といい、素敵です・・・(これはV効果か)
ジャック船長、孤島の原住民らしき人たちと話してるときの姿がウンパルンパと交渉してるウォンカ工場長に重なってしまい、おかしくてたまりませんでした。(笑)
にしても、今回って、「船長」ってより「ジャック」って感じでした。
エリザベスとのやりとりが・・・・たまらん!!!
あの距離感がたまらん!!
キスのあとの、船長の横顔がもーーー、悶絶モノでたまりません。
「海賊め」ってエリザベスにいうときの、あの愛おしそうで、かつ寂しげな微笑が泣きたくなるほどたまりません。
その後、クラーケンに向かっていくところ、余りにも「正しいヒーロー」っぽい感じですが、関係ないです、カッコいいです(笑)
そして。
最後の最後に現れた、バルボッサ。
私ですね、いままでの「ジャック~~~」っていう脳内の黄色い声がなくなるくらい、バルボッサが出てきたとき嬉しかったです。
「バ、バルボッサ~~~!」(←富樫と虎丸ふうに)ってすっごく嬉しかった。
私は、そんなにもあなたのことが好きだったんですね!
林檎、食べてるね!良かったね!!という感じで。
次回作は、フルメンバーになるわけですね。
そして、さらにここに、彼が!加わるわけですよ!
亜州影帝、チョウ・ユンファが・・・・!(だめだ、鼻血でそう)
パイレーツオブカリビアン3は、来年の5月公開予定です。
限定前売り券がすでに発売中(笑)

カテゴリー: 映画 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。