ホーム > 仕事 > オークラアクトシティホテル浜松

オークラアクトシティホテル浜松

浜松に出張に来ています。
浜松と言えば、YAMAHA、そしてウナギ。
そのくらいの知識しか持ち合わせていないので、駅から一番近いホテルを選びました。
オークラアクトシティホテル浜松です。
中部国際空港経由で、20時ごろ到着。
僕はB777やB747のときは、前方座席よりも後ろに人がいない座席を優先します。
背中ぐりぐりやられるのがとても嫌なので、後ろが通路になっている座席、CAと背中合わせの席を選ぶと言ったほうがわかりやすいでしょうかね。
いつもの名古屋-札幌間はB767かAB320なので、その場合通路が前方にしかなくて、上記のような座席は選べませんから、今回もそのつもりで諦めて前方座席を選んでいました。
そしたら今日の飛行機は、機材繰りの関係で運よく国際線の機材でした。
前方座席は、おそらく中国線のCLUB ANA ASIAでございました。
思わずCAに話しかけたところ、「ラッキーシートですね」と。
国内線スーパーシートと見た目には変わらないようなシートですが、シート間のピッチが広く、リクライニングもかなり深いので、必然と眠りも深いものになりました(笑)

名古屋から東京方面の新幹線は、3連休最後の夜ということもあり、混んでいたのでしょうか。
それともいつもこんなもんなんでしょうか。
僕は浜松で降りるので、一部のひかりかこだまです。
ひかりは混んでて指定席絶望だったので、素直にこだまで各駅停車しました。
ひかりで30分、こだまで47分ですから、どっちでもいいです。

浜松駅の北口から出て、アクトシティ方面へ歩くとすぐにオークラがあります。
ひさびさのシティホテルです。
部屋は最上階44Fの角部屋で、非常口近く。
C.S.I.で言う「殺し部屋」、デューク東郷御用達の部屋でもあります。
部屋に入ると目の前に広がる夜景。
こりゃあいいですね~、独りなのが惜しまれます(涙)

ライティングですくの横のタンス最上部には、暗証番号式のセキュリティボックス。
テレビはちょっと古いなぁ、いまどきは液晶でしょうが、どうせ見ないからいいや。
インターネット接続ができて、机の上にはLANケーブルが転がってます。
ライティングデスク左脇には冷蔵庫などなど。
お湯はあらかじめ沸いてます。
お茶は「静岡茶」と書いてあります。

シングルベッドはちょっと小さいかなぁ。
部屋そのものも、ちょっと斜めってて狭い感じがします。
20平米はないでしょうね。
トイレのアメニティも普通。
まぁ、シティホテルなので、きちんとしてるところはきちんとしてますけど。
あと、クローゼットには体脂肪計付き体重計がありました。
これは初めて。
ちょっと嬉しいかも。

レストランやルームサービスは、使わないというか、正直使えない(笑)から評価できませんけど、なかなかいいホテルではないでしょうか。
朝食くらい食べたいけど、無理だなぁ。

さて、明日の朝は佐鳴湖(さなるこ)までジョギングに行ってみようかな。

カテゴリー: 仕事 タグ:
  1. こうめ
    2007 年 10 月 9 日 19:19 | #1

    あ~懐かしいです。
    出張で浜松はよく行きました。(本社浜松)
    ここも泊まったことある~。
    佐鳴湖まで走っていこうと思って途中で迷子になったこともある~。
    昨日、お父様と少しお話しました。

  2. かずき
    2007 年 10 月 11 日 00:54 | #2

    >こうめさん
    佐鳴湖の近くにスズキの寮や、スズキグラウンドがあるんですねぇ。
    マサシとすれ違ったときはびっくりでした。
    佐鳴湖まではかなりアップダウンがあって、タフな道のりでした。

  3. 2007 年 10 月 12 日 00:01 | #3

    僕も先日羽田-関空を往復した時、行きはオンボロ767、帰りはASIAと、両方国際線機材のC席に座れました。スーパーシートよりはるかに快適ですよねー。シートは幅よりピッチですよ。所詮1時間だけど(笑)。

  1. トラックバックはまだありません。