ホーム > ランニング > 斑尾Forest Trails

斑尾Forest Trails

2008/10/05に開催される「斑尾Forest Trails」に参加の予定でいます。
この大会は、トレイルランナーの第一人者として有名な石川弘樹さんのプロデュースする大会で、50kmの部と15kmの部に分かれ、信越トレイルの一部を走るものです。

トレイルランは、登山靴やリュックサック、登山用の杖などを装備して登るような山を、ランニングで駆け抜ける競技またはそういうスタイルの山行き。Tシャツに短パン/スパッツ、ランニング・シューズといったランニングのスタイルで入山して走る。』 (Wikipediaより引用)

東京マラソンでマラソンブームが本格化している昨今ですが、去年あたりからトレイルランも人気となっています。
僕も、2005年あたりから練習にクロスカントリーを取り入れるようになり、富士登山競走などにも参加してきましたが、今回トレイルランとしては初めての大会参加となります。
なぜって、この斑尾は僕の生まれ故郷である長野県飯山市にあるんです。

今年で第2回となるこの大会。
実は第1回の開催を知りませんでした。
知っていたら絶対に出ただろうに・・・

僕は、長野県飯山市に生まれ、中学3年生までここで育ちました。
『うさぎ追いしかの山、小鮒釣りしかの川』と唱われた日本の原風景。
ここが僕の生まれ故郷である長野県飯山市です。
父は斑尾高原ホテルの開発時点から携わっており、冬となれば僕ら兄弟は毎週欠かさずスキーに通い詰めていました。
悪ガキ兄弟だったので、ゲレンデを直滑降で荒らし回っていました(笑)
そんな懐かしい記憶が蘇ってきます。

思えば幼少時代は、田んぼのあぜ道や、山を走り回り、山菜を採ったり木の実を食べたりして遊んでました。
だから、山を走り回ることは、本能的に好きです。
僕は海より、山が好き。
というか、僕の幼少期の記憶に海はほとんど出てこないのですよ。
長野県は八方を囲まれた、海のない土地ですから。

そんな故郷のトレイルを、この歳になってふたたび走り回れることは、この上ない喜びです。
信越トレイルを維持・管理している信越トレイルクラブの方々や、大会を主催する斑尾高原観光協会の皆様に感謝の気持ちで一杯です。

来年は、子供たちや妻を連れて、僕の原風景を一緒に走り回れたらと思っています。

カテゴリー: ランニング タグ:
  1. こうめ
    2008 年 8 月 28 日 12:32 | #1

    楽しみですよね。私も来年以降、出たい大会のひとつです。何せ私の憧れの君、石川弘樹さまのプロデュースする大会ですからね。
    信越トレイルは、全線開通したんですね。
    北海道でもこんな大会があったらいいのになあ。

  2. かずき
    2008 年 8 月 28 日 22:26 | #2

    >こうめさん
    まずはトレイルの整備からですね。
    僕も北海道でこういう大会ができたら素敵だと思います。

  3. OLランナー
    2008 年 9 月 3 日 22:50 | #3

    かずきさん、道マラお疲れさまでした!
    酷暑の中でのさすがの好タイム☆
    で、久しぶりに会った姫たちの成長ブリにおばちゃんもビックリ!
    さて、先日話していた人の連絡先をお知らせしたいのですが…
    。貼り付けしたメアドにお知らせいただけますか?
    本人からは快諾いただきましたので~。

  1. トラックバックはまだありません。