アーカイブ

‘ランニング’ カテゴリーのアーカイブ

なぜ人は走るのか 〜ランニングの人類史

2011 年 12 月 25 日 コメント 1 件

「走るのって、楽しい」と、「楽しいから、走る」は僕にとって同義ではない。
走るのって、楽しいし、辛い。
辛くなければ、走らない。
辛いから、走りたくない。
でも、辛いから走るわけじゃない。

…なぜ人は走るのか。
僕なりに答えはある。
「鳥は飛び、魚は泳ぎ、そして人は走る」のだ。意味なんか、ない。
かっこいい理由なんか要らない。

そんな僕に、妻が贈ってくれたのがこの本。
読むのが楽しみ。

カテゴリー: ランニング, タグ:

東京マラソン2012

2011 年 10 月 12 日 コメント 1 件

今年も去年に引き続き、【落選】です。
第1回を走れているので贅沢は言えませんが、当たる気がしません。
NYCマラソンみたいに、年代別に無抽選な標準記録があってもいいんじゃないかなー。

カテゴリー: ランニング タグ:

NB RC760

2010 年 12 月 14 日 コメントはありません

image
初めて買ったNBは、RC760です。
アスリートクラブに立ち寄って、3〜4足くらい履かせてもらったかな。
斉藤店長、木曜日のラジオ出番前だったのにすいません・・・

最終的にスカイセンサーJAPANと迷ったのですが、スカイセンサーは良くも悪しくも僕の足にぴったりすぎ。
店長曰く、足袋か靴下のようにフィットしていると。
なので敢えて「靴」であることを感じるこちらをチョイスしました。
というのも、左足のオーバープロネーションを何とかしたいから。
ちっと内側に倒れ過ぎなんですよね、その反動で小指側に抜けるのが尋常じゃなくなってきてて。
実は左足の薬指と中指の爪はいつも死んでいます、力がかかるんでしょう。

この靴、結構硬いです。
硬いのが履きたかったのでイイです。
まっすぐ足が抜ける感じがします。
足のくるぶしを蹴飛ばすことがなくなりました。
両サイドに補強が入ってるのと、オーバープロネーション防止の仕組みのおかげでしょう。
足はまっすぐ抜けないと、ロスが勿体無いですからね。
フルマラソンでは、1%のロスが競技場1周分になるわけですから。

ただ、シューレースがちょっと気に入りません。
細くて、痛いんですよね。
これは変えるかも。
あと、一番上まで通してロックすると、紐が当たって痛いので、ロックするのをやめました。
そしたら大分いい感じ。
踵は合ってるんで、靴が抜ける心配もないです。
まぁ、そういう意味では、スカイセンサーJAPANやソーティなどは、紐結ばなくても絶対に脱げないほど僕の足にフィットしてます。
なのでいずれそこに戻ってくるでしょうが、目的を持ってチョイスした靴なので、しっかり感覚を磨きたいと思います。

カテゴリー: ランニング タグ: ,

アディゼロJAPAN

image

履きやすいシューズでした。
幅もフィットしてたし、まったくストレスなく僕の足にあいました。
どこか痛くなったり、豆ができたりは皆無。
適度にクッションがあるのですが柔らかすぎず、高速時にもブレない安定性がありました。
明日、新しいシューズを探しにいきますので、お別れです。
累計走行距離1,500kmほどだと思います。

カテゴリー: ランニング タグ: ,

馬追山トレイル

2010 年 10 月 23 日 コメントはありません

今日はこうめさんの呼び掛けで、ながぬま温泉を拠点に、代官山、馬追山トレイルを走ってきました。
思えば、僕の初ロング、初トレイルの舞台はながぬまでしたよ。
非常に懐かしい風景でした。
レーダードームがなくなってたりしましたけど。

温泉に入ったあとは、休憩所でビール飲んで、二階でご飯食べて。
3時からのビンゴ大会に参加したら、ビンゴ一番乗りでした!!
写真は景品の、地元の農産物です。
200円のもとはとりました!

image

カテゴリー: ランニング タグ: