アーカイブ

‘UO’ カテゴリーのアーカイブ

UO日記~サカイを探せ!!~

日本シャードの「ローブキャンペーン」が始まりました。
ふわふわランドへ行っていたので帰宅してごはんを炊くその間にログイン。
ものすごいラグ。重い!これじゃ、吸血モンちゃんに殺されるがな!!
必死の思いでサカイさんがいる場所へたどり着いたらすでに去った後。
ショックのあまり、そのまま家に帰ってログアウトしました(笑)
そのご、一樹が帰宅してから二人でログイン。
情報BBSと友達の協力により、無事にメインアカウント全キャラにローブが行き渡りました。
しかし、重かった。
そして、キャラに「Sakai」と入ってる私と一樹はよく間違われていました。
よく見れば、青ネームだからわかると思うんだけど…念のためなんだろうな(w
テイラ・サカイさんのいるところは修羅場でした。
いちキャラずつもらえるので、一人がもらうとみなが次々とゲートをだして続々
と人が集まるのです。
すごいラグの中、周りにはフレッシュゴーレムなどのモンスターもいて、生産キャ
ラなんかは次々と死んでました。
(生産者じゃなくてもあのラグじゃタゲられば死んでしまいそうだった)
リザレクションとグレーターヒールがあちこちで炸裂(w
しばらくこのキャンペーンは続くので、「本日のサカイ情報」もまだ続きそう。

カテゴリー: UO タグ:

UO日記~内装♪~

内装がおもしろくておもしろくて。
特に、鉢植えのお花作るのがたーのーしーい!
その他にもいろいろ作り込むのが面白くて、「ねくろまんさ?なにそれ??」ってなくらい没頭してました。
それもようやく落ち着きかけています。
いまのおうちの様子は
こちら
です。
まだまだ作り込みの甘い部分もありますが、いまの私の技術ではこれがいっぱいいっぱい。
住みやすいし、落ち着くからしばらくはこのままで暮らすことになるかと。
てしおにかけて作っているからか、何の用事もないのにログインして自宅でマッタリ
なんて事も…。
夜もふければ斜め向かいに住んでるお友達も出没してくるし。
住宅地だけど、街道はすぐ横だから遊びに行くのも気軽だしなー。

カテゴリー: UO タグ:

UO日記~海外との差~

家作りにあたっては、AOSが先行導入された海外シャードになんどか視察に行った。
そこで感じたのは、「家作りのセンスの差」だった。
広い空間を効果的に使う術を心得てらっしゃる感じ。
部屋割りなども見てくれが美しく、かつ機能的。
「ご本人が同じ感じの家に住んでんのか??」とまで思ってしまう、しっかりしたつくり。
奇をてらった作りに見えてもちゃんと住みやすさを考えてる感じ。
比べると、日本シャードの家々はまだ日が浅いのかレベルが低く感じた。
(もちろん、人のことを言えるレベルではない私なのだが…)
行き当たりばったりというか、非機能的でデザインレベルがちと低い。
でも、そんな中でも、西部劇に出てくるようなバータイプのおうちがあったり、神殿みたいな家があったり、ユニークなデザインの家はとっても参考になっている。
離れ島にあった小さいおうちの暖炉なんかは私も真似して自分の家に組み込んだりしてるし。
見てるだけでもおもしろいんだよねー。
散歩してるだけで楽しいゲーム…モンスター強くなったけど…。
これからしばらくは、「お宅訪問」な日々が続くと思われる…。

カテゴリー: UO タグ:

UO日記~家作りに夢中~

思えば、インテリア凝り性(実現とは別物だが)な私。
ウルティマの家にハマるのも頷けるというもの。
だって、UOマネーだったらいくらビンボーでもそこそこ好きに買い物できるし。
そもそも、大工GMのオットがいれば、たいていのものはタダだ(笑)
そんなわけで、家作りを開始!
以前と違って、なんにもしないままだとただの土台のみ。
ここに直に箱など置いて使ったっていいんだろうけど、それがお金ほとんどかからなくていいんだろうけど、それじゃあまりに味気ない。
とはいえ、有り余る金があるわけじゃないので熟孝しながら建築しました。
狭いスペースでなおかつ、手前に家が建つとかぶってさらに狭い見栄えになるので、なるべくなるべく「開放感」を感じられるように…
結果、扉と呼べるものは二階のバルコニーに出る部分にしかないという造りに。
(それも、背の低いやつ)
とはいえ、縦長で横の壁は完全に塗り込められているので、バランス的にはさほど悪くはない(と、思う。)
一階に応接スペース、二階はお針子の作業場、屋上はミニ滝池を配置した、癒し空間。
田舎家っぽい雰囲気をコンセプトに導線や現実味を考えつつ、お部屋の内装を開始!
(画像デカイです、あしからず><)
これがねぇ、おもしろいおもしろい。
家を建てる段階である程度のイメージを持たせてるから
「ここにはこれを置いて…あ、あそこにはあれを飾ろう」とかどんどん出てくるわけ。
たとえば、門アーチの前のお花の飾りなんかは、内装のサイトで見かけていて、家を建てる段階で「入り口にあのお花を飾るスペースを空けよう」とか考えてる。
厩舎スペースも、「蹄鉄と藁しいたら雰囲気でるよねー」なんて想像しながら作ってる。
入り口のお花や花瓶のお花なんかはそれひとつで出来ているアイテムではなく、花瓶を例に挙げれば、「花瓶、貝殻二種、秘薬、チーズのかけら、ハニーメロン」という、お花には一見関係のないものたちを組み合わせて「花瓶に活けたお花」に見せてるわけ。
当然、それなりにアイテムの知識などないとうまくできないのだが、これがうまくできると快感なわけ。
私の作ってるそういった内装はどれも「誰でも簡単にできる」ものばかりだけど、それでもそういったものが家にさらに生活感とぬくもりを醸し出して、住みやすい雰囲気を作ってくれてる。
二階はほぼ内装終了といったところだけど、屋上と一階部分はまだまだ試行錯誤中。
…ふふふふ、たーのーしーいぃー~~~♪

カテゴリー: UO タグ:

UO日記~なぜ、家がそんなに欲しいのか~

私たち夫婦は小さな工房で鍛冶職人を中心に豊富な品揃えでお店を経営しています。
お店を拡張したいという以前からの思いもさることながら、今回加えられたベンダー(売り子)の変更点がますますお家の必要性を高めたのです。
「ベンダーも家のロックダウン数に数える」
知らない人はようわからんと思うのですが、我々のような小さい家で多数のベンダーを抱えて商売している人間は、これはかなりキツイ変更なのです。
(家に置いておけるアイテムと言うのは決められた数があり、大きい家ほど多くのものが置けるのです)
当然、商品を作る生産者は多くのアイテムを保持しなければならず、すでにアイテム数はぎりぎりの状態でした。
AOS導入直前にOjarrが家を購入したのでセキュアに多少の空きはできたものの、やはりまだ手狭感が拭えなかったのです。
が、これからはお店とプラベートスペースを独立させられるので余裕ができます。
プライベートは夫婦別居になってしまいますが(笑)、お互いセキュアも銀行もギチギチだったので、これできちんとアイテム整理ができると言うものです。
加えて私は念願のメインシャードの持ち家!
(これでSakuraの家は手放すこと決定ですな…)
オットの家の方が目の前が森で他の家ともかぶらないので、改装には向いてるからうらやましいのですが、ともあれ持ち家。
これからしばらくは改装三昧でしょう。
時計を一回りするほどの長い闘いの一日はこうして終わったわけです。
マラス土地争奪戦祭りに参加したUOプレイヤーの皆様、お疲れ様でした…

カテゴリー: UO タグ: